2019年 中山記念(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

次週の2月24日(日)には中山記念(G2)が中山競馬場で開催されます。最近古馬の重賞となると頭数が少なく堅い決着が多いのが残念でここも上位が強そう。。。
ですが、波乱を期待したいと思ってる私です。出走予定馬、血統、想定ジョッキーを紹介したいと思います。

≪ 中山競馬場 中山記念(G2) 芝1800メートル ≫

スワーヴリチャード:父ハーツクライ×母父アンブライドルズソング MデムーロJ

ディアドラ:父ハービンジャー×母父スペシャルウィーク ルメールJ

ステルヴィオ:父ロードカナロア×母父ファルブラヴ 丸山J

ラッキーライラック:父オルフェーヴル×母父フラワーアレイ 石橋(脩)J

エポカドーロ:父オルフェーヴル×母父フォーティナイナー 戸崎J

マイネルサージュ:父ハービンジャー×母父サンデーサイレンス 津村J

ウインブライト:父ステイゴールド×母父アドマイヤコジーン 松岡J

ハッピーグリン:父ローエングリン×母父アグネスタキオン ミナリクJ

トータルソッカー:父ダンスインザダーク×母父サッカーボーイ 柴田(善)J

シベリアンスパーブ:父シベリアンホーク×母父ウィズアプローチ 未定

トルークマクト:父アドマイヤジャパン×母父ハイシャパラル 未定

フィールドシャルム:父アドマイヤムーン×母父スペシャルウィーク 未定

となってますね。

上位人気になりそうなのは、昨年の大阪杯(G1)を制し安田記念とジャパンカップで3着となった鞍上MデムーロJのスワーヴリチャードでしょうか。右回りにまだ不安を感じはするが、1800mで【1100】なら休み明けとはいえ格好はつけてくれそうです。

そして、3歳で古馬のG1マイルCS(G1)を鞍上ビュイックJと共に制したステルヴィオが今年の始動戦。鞍上が丸山Jに乗り替わりというのは不安もこと1800mに関しては【2100】とパーフェクト連対に、中山ではスプリングSで勝利と皐月賞で4着の実績は侮れない1頭ですね。

続くはこちらも同世代で皐月賞(G1)馬となったエポカドーロも始動戦で鞍上は戸崎Jで継続騎乗。前走の菊花賞は明らかに距離が長すぎた印象だが適正距離に戻ればG1馬の底力は侮れないですね。

その他に、一昨年の秋華賞(G1)馬で昨年末の香港C2着後から今年の始動戦となるディアドラ。ドバイターフを控えてるだけに余力を残しての仕上げだとは思うがルメールJはステルヴィオではなくこちらへ騎乗。さてこの判断がどう出るかは楽しみですね。

更にこのレースで昨年の覇者となったウインブライトも参戦してきます。そのウインブライトは今年の中山金杯を制して勢いがあるのは事実。中山コースで重賞3勝はなかなかの実績でこのメンバーなら5番人気程度を想定しているが、穴馬として妙味がありそうですね。

最後に個人的には一番気になっている一昨年の阪神JF馬となったラッキーライラックが、初の牡馬相手が今年の始動戦となります。ライバルと思っていたアーモンドアイには実績として大きく差を広げられたもののここは結果を出したいところでしょう。鞍上は主戦石橋(脩)Jでの参戦となり4歳の牝馬で斤量は53キロとなるのはかなり魅力的です。まぁ、人気はしそうですが…果たして牡馬相手にどんな結果を出すか、興味津々です。

しかしどうみても波乱は見込めなそうですが、レースとしては非常に魅力的。穴頭が予想するだけ苦しい予想になりそうですが、波乱となる事を願いながら予想をしたいと思います。このメンバーでどの馬が勝つのか非常に楽しみですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする