【POG】アメリカンファラオ産駒で母クリスプの2017となるダノンファラオの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

アメリカでダート3冠馬となったアメリカンファラオ産駒が日本でデビューを迎える日ももうすぐでしょうか。母がクリスプのの2017となるダノンファラオを紹介したいと思います。

馬名:ダノンファラオ(2歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:矢作師
落札額:1億8,000万円万円(セレクトセール2018)
父:アメリカンファラオ
母:クリスプ
母父:エルコレドール
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

父はあのアファームド以来となった米国3冠馬のアメリカンファラオ。BCクラシックやアーカンソーダービー、ハスケル招待Sなどなどを勝った名馬ですね。そのアメリカンファラオが引退し、種牡馬となった初年度産駒が日本へ。こういう血統がアメリカではなく日本でデビュー予定というのもまた驚きな私です^^;

その母クリスプは米国産でサンタニアオークス(G1)を勝ち、サンタイサベルS(G3)も勝って通算10戦3勝馬で引退、繁殖へ上がりました。その仔となるアメリカンファラオ産駒のダノンファラオをセレクトセールでダノックスが1億8,000万円の高額で落札という流れ。日本には他に社台RHの持ち馬で募集額5,000万円のアブルハウル(母キトゥンズダンプリングス)が池江師管理のもとで計2頭ですかね?非常に興味をそそられる血統ですが、母国で産まれた仔が思ったより走ってないのは気になるところ…ですが、矢作師も素質をかなりかってる様ですし、血統的に超良血馬は間違いなし。また、既に入厩済みとなればデビューもそう遠くないはずで順調そう!?

個人的に気になるのは芝を走らせるのだろうか?という点だが、血統的にはどう見てもダートもりもりって感じですし、ある程度日本で勝ったら海外の3冠戦へ行くのも視野に入ってくるかもしれませんね。

母国で結果の出てない仔ですが、日本での仔はどんな結果を出すのか興味津々の1頭で注目間違いなしですね!!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする