2019年 武蔵野ステークス(G3) 予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないのグルーヴィットも飛びましたが人気どころが総崩れって…^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑬スウィングビート 14着(6番人気)
前走のOPはコース形態も加味すると苦しく3着に負けたものの、3戦連続1番人気に支持されるほど。
14戦中4勝が全て今回の舞台という最も得意な条件になるのは最大の魅力。最近目立たない田辺Jだが東京コースで一発を期待する。

○ ⑭アディラート 13着(11番人気)
前走は前目から直線抜け出し勝利で、当時5着にはプラス16キロとはいえデュープロセスに0.7秒差をつけた。更にゴドルフィンマイル3着の実績がある600mになるのもカンフル剤にならないか!?鞍上石橋(脩)Jはやや不安も、人気が落ちそうなここは激走を期待してみる。

▲ ⑯カフジテイク 8着(4番人気)
2走前は長期休養明けの59キロで5着と久しぶり感も出たが上がり2位の脚で掲示板を確保。続く前走は、叩かれた上積みが出たかの様な最後方から最速の上がりで4着へ追い込んだ。今回の舞台は【3031】の東京で鞍上は重賞勝ちをしている福永Jとのコンビで期待する。

△ ③デュープロセス 7着(2番人気)
前走休み明けでプラス16キロは成長分と思いきや余裕のある馬体で1番人気に支持されるもよもやの5着。今回は叩き2戦目になり、引き続き東京【2201】な上に、鞍上強化のルメールJを配してきた。2走前には芝・ダの重賞を制したワイドファラオと接線を演じた力に好走を期待する。

× ⑤エアアルマス 11着(1番人気)
ダートに転向しリステッドもOPもクリアし、目下3連勝で無傷の3連勝中。また前走で負かした2着馬は、後にG3のみやこSを制したヴェンジェンスを相手に0.4秒差突き放した。順当にいけば次はこの馬の番という事も加味でき、素直に期待したい。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は馬場の真ん中から豪快に脚を伸ばした9番人気のワンダーリーデル、
2着はその内から勝ち馬と一緒に上がってきた8番人気のタイムフライヤー、
3着は最後方から脚を伸ばした13番人気のダノンフェイスでした。

我が本命の◎スウィングビートですが結果14着となりました。スタートは良い感じでスタートを切れ、前半は4~5番手の外に構える形。道中は内で出入りがある中で、中団の外から前との差を詰めながら直線へ。直線ではズルズルと後退しまさかの見せ場もなく残念でした。

馬券的には、人気馬が総崩れの中で予想は完敗となりました。そしてまた横山(典)J!?と思わせるドハマりした一戦ですね…いやぁ、デットーリJが騎乗予定だったか2着のタイムフライヤーも距離短縮からの好結果を代打藤岡(祐)Jは魅せてくれました。3連単235万円馬券…本当に完敗と思った予想でした。

今日はG1のエリザベス女王杯と、福島記念です。
今度こそ、的中に向けて頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました