2020年 東京新聞杯(G3) 予想 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方なく切ったプリモシーンだけがいないという、小倉に続きまた勿体ない事を…^^;。
そんな私の予想は、

◎ ⑦ケイデンスコール 12着(9番人気)
2走前の関屋記念は休み明けでイレ込みがキツく度外視、前走のキャピタルSでは17着も不良馬場で度外視。直線の長い新潟2歳S(G3)を制し、東京のNHKマイルCで2着と最速の上がりでアドマイヤマーズに1/2差まで詰めた。鞍上は好相性の石橋(脩)J【1101】乗り替わりと配当的に妙味で一発を期待する。

○ ⑫シャドウディーヴァ 2着(6番人気)
前走の3勝クラスをクビ差で勝利とやや危ない感もあったが中山で右回りを克服した印象。また、フローラ賞で2着も含む東京【1311】に替わるのがプラスにに距離の面で母系が短距離なだけに不安はない。ハーツクライの成長力にも期待して好走を願ってみる。

▲ ⑬クリノガウディー 3着(5番人気)
新馬勝ち以降全てG3以上に参戦し朝日杯FS(G1)で2着に中京記念(G3)で2着と勝ちきれなくも善戦。そのモヤモヤをふっ飛ばしそうな買い材料はテン乗りとなる横山(典)Jへの乗り替わり。何をしでかすかわからないが新たな面が引き出せればひょっとしたらひょっとするかも!?

△ ②ヴァンドギャルド 6着(2番人気)
インディチャンプと被るのは気の所為か?前走は騎乗停止にて騎乗できなかった福永Jが2戦振りに手綱を。調教も抜群で以前より相手が強くなるのは百も承知だが3連勝の勢いと、同馬はやはりマイルが一番合う気がして福永J【2000】の好相性に好結果を期待する。

× ⑨レッドヴェイロン 9着(1番人気)
前走の超不良馬場と言っても過言ではない馬場で得意の切れ味をやや削がれるも上がり2位で2着を確保はさすが。東京コース【2110】舞台は絶好で血統的に母エリモピクシー一族の得意とするコース。全12戦で掲示板を外したのはなしという堅実さが良馬場になれば極上のキレ味で好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線馬場の真ん中から鋭い末脚で伸びた4番人気のプリモシーン、
2着は馬群を割って突き抜けてきた6番人気のシャドウディーヴァ、
3着は直線最内からやや前を避けたものの粘腰を魅せた5番人気のクリノガウディーでした。

我が本命の◎ケイデンスコールですが結果12着となりました。最後方あたりからの競馬だろうとは思ってましたが、先ずはスタートは無事に出れホッと一息。徐々に下げると思いきや道中は中団の真ん中で前を追いかける形!?。武器の末脚がこの位置から出せるか?と気になってたまま直線へ向きましたが、その直線で外へ出しさぁここから…が!?良さを全く引き出せずズルズル後退し見せ場すら作れませんでした。何故にあの位置取りに…石橋(脩)Jのコメントが知りたい。

馬券的には、G前でここでデムーロかよ!と思わず叫んでしまいました。またもや2着の7番人気シャドウディーヴァ、3着の5番人気クリノガウディーを持ってながら1着がヌケ。しかも3連単の配当が4→6→5番人気で125,000円馬券という10万馬券的中がスルリwww。はい、レッドヴェイロンはともかくヴァンドギャルドの福永Jを信じた私が悪いですね。小倉に続き、このレースまでも勝ち馬に見放されるという情けない予想となりましたが、次週こそ高配当で当てたいと思います!

その来週はクイーンCに無敗のマイラプソディが出走予定の共同通信杯、そして古馬のG2となる京都記念の3重賞です。2週連続的中に向け、予想頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました