2020年 レパードステークス(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったラインベックは飛んでくれ、且つケンシンコウもブランクチェックも持ってながら…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ⑨メイショウダジン 15着(8番人気)
近3走で人気が少々落ち気味なのか?3走前の毎日杯4着、2走前の京都新聞杯で6着と芝ながらトランセンド産駒で興味津々な走り。前走のLだが9番人気の低評価を覆す4着とやはり適正はダートだろう。これで全4戦の1、3、1、4着と堅実さを魅せており、新馬戦で勝った中京では52キロも強い内容。波乱の一発を期待してみる。

◯ ①ケンシンコウ 1着(7番人気)
前走ユニコーンSで11番人気の低評価ながら3着と、勝ち馬は異次元の強さだったが激走し馬券圏内確保。また、同馬は6戦中5戦で上がり3位以内で2回は上がり最速の末脚がある。鞍上は前走の酒井Jから丸山J【2002】に手が戻り、折り合いがつけばここでもと期待する。

▲ ⑩ライトウォーリア 12着(4番人気)
デビュー2戦は芝で参考外、その後ダートに転向し1、1、12、そして前走2勝クラスを好タイムで勝利。タイムは翌日の3勝クラスを超えるタイム、そしてこれで岩田(望)Jとは3戦3勝で再度参戦は心強い。2走前に大敗したキックバックをカバーできればここでも期待したい。

△ ④デュードヴァン 4着(1番人気)
芝の11着は度外視し、ダート4戦で1、1、1、2着と前走はユニコーンSで相手が悪かったという他ないが最速の上がり。状態は引き続き良く、鞍上は重賞では現状心細い川田Jだが1戦1勝、左回りの東京【3100】なら新潟でも。距離の部分でやや気になるものの、好走を期待する。

× ②ブランクチェック 3着(5番人気)
2走クラスを勝った前走も合わせこれでデビューから1、2、1、1着とパーフェクト連対。距離の1800mが一番気になる私だが、1200m→1400m→1600mと着実にこなし前走も余力のある勝利。前評判で強力なライバルもいるが、血統的素質とレパードS得意の鞍上戸崎Jも2度目で好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は1角で強引に逃してからまんまとレコードで逃げ切った7番人気のケンシンコウ、
2着は直線真ん中の後方から鋭い脚で追い込んだ2番人気のミヤジコクオウ、
3着は勝ち馬を追いかけ早めにニケだし粘った5番人気のブランクチェックでした。

まさかのゲートを出ず…

我が本命の◎メイショウダジンですが結果15着となりました。ゲート入りをやや嫌がって手こずった時点で…微妙と思いましたがスタートはまさかのゲート出ずからの出遅れ。1角では腹をくくって最後方からの競馬と思いきや、後続に追いつくべく体力を使う展開で後方集団の外に。道中は後方の外目から前を追走する形になり、直線入り口になるとやや置かれ気味で直線へ。直線では案の定余力も残っておらずジエンド。残念ながら全てはゲートでしたね。

1着ケンシンコウ、3着ブランクチェックがあるが…

馬券的には、1着の7番人気ケンシンコウに3着5番人気のブランクチェックはあるのに
2番人気の人気馬ミヤジコクオウがないという結果で10万馬券を逃すという…コレで先週に続き10万馬券を連発で逃す情けない予想。後出しだがミヤジコクオウとデュードヴァンでどちらかと思ってたが“今年の重賞の川田J”は…が、馬の方が力はミヤジコクオウの方が上でしたか。せっかくケンシンコウもあり、裏本命もブランクチェックにしたのに無念の敗北。3連単122,050円…もうハズレはハズレで開き直るしか無いですが、残念ながら当てる事ができませんでした。

来週は小倉記念と関屋記念ですね。関屋記念はマイル戦らしいメンバーが揃ってますし、小倉記念はハンデ戦と共に波乱を期待したい私です。

タイトルとURLをコピーしました