2020年 京王杯2歳ステークス(G2) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

G2レースG2レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

11月7日(土)には東京競馬場で、2歳重賞の京王杯2歳S(G2)が開催予定となっております。好メンバーが揃った印象で、暮れのG1に向けてどの陣営も好結果を出したい一戦。先週のアルテミスSの様に1?3番人気で決まらない事を祈りつつ…と、非常に興味津々です。それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

≪ 東京競馬場 京王杯2歳ステークス(G2) 芝1400メートル ≫

モントライゼ:父ダイワメジャー×母父ネイエフ ルメールJ

ブルーシンフォニー:父スクリーンヒーロー×母父コマンズ 田辺J

プルスウルトラ:父ディスクリートキャット×母父サウスヴィグラス 江田(照)J

リメス:父カレンブラックヒル×母父コロナドズクエスト 三浦(皇)J

ジャガード:父トーセンラー×母父フレンチデピュティ デムーロJ

リンゴアメ:父マツリダゴッホ×母父マイネルラヴ 丹内J

ロードマックス:父ディープインパクト×母父ドバウィ 岩田(望)J

ニシノガブリヨリ:父リーチザクラウン×母父ディープスカイ 松山J

オリアメンディ:父ジョーカプチーノ×母父ゼンノエルシド 未定

ユングヴィ:父ミュゼスルタン×母父ディープインパクト 柴田(善)J

◯外リフレイム:父アメリカンファラオ×母父タピット 小幡(巧)J

レガトゥス:父モーリス×母父キングカメハメハ 戸崎J

ファルヴォーレ:父ドゥラメンテ×母父アドマイヤムーン 横山(武)J

タマダイヤモンド:父アンライバルド×母父キングヘイロー 津村J

ロンギングバース:父ラブリーデイ×母父ネオユニヴァース 石橋(脩)J

ストライプ:父ルーラーシップ×母父ダイワメジャー 斎藤(新)J

クムシラコ:父ディスクリートキャット×母父ネオユニヴァース 嶋田J

ショウナンラスボス:父ダイワメジャー×母父シーザスターズ 野中(悠)J

こんな感じでしょうか。

上位人気馬は…

実績からは、函館2歳S(G3)を快勝しデビュー2連勝中の丹内J騎乗リンゴアメや小倉2歳S(G3)で2着からルメールJへ乗り代わるモントライゼ、更に新潟2歳S(G3)2着で田辺J騎乗のブルーシンフォニー、その他にもカンナS(OP)で2着ので嶋田J騎乗のクムシラコ、すずらん賞(OP)3着の三浦(皇)J騎乗リメス、ダリア賞(OP)で3着の野中(悠)J騎乗ショウナンラスボスとこの辺りは実績から上位人気になりそうだが…その他にも未知の魅力馬も多く感じる。

未知の魅力馬!?

新馬戦で外へ大きく膨らみ外ラチまで斜行するもデビュー勝ち、そして前走1勝クラスでは真っ直ぐ走って2着に5馬身差の0.8秒差をつけデビュー2連勝中の小幡(巧)J騎乗リフレイム、岩手競馬からエキストラエンド産駒のマツリダスティーは、現5戦4勝(G・2勝)で菅原勲師管理馬。鞍上は内田Jを配し参戦となる様で、ネイティヴハートを思い出す私ですが面白そうな1頭。また、1戦1勝のリーチザクラウン産駒となるニシノガブリヨリは好調松山Jを背に挑むが、当時の2着馬がその後即勝ち上がってるだけに1勝馬でも侮れないか!?、そしてデムーロJで挑むジャガード等その他にも興味をそそられ目移りするメンバーだけに非常に楽しみな一戦。

どの馬が暮れのG1の主役候補に名乗りを挙げるか、気になるところ。益々本番が楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました