2021年 日経新春杯(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

我が本命◎のショウリュウイクゾが勝ち、来たら仕方ないで切ったアドマイヤビルゴはやはり飛んでくれましたが…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 14 ショウリュウイクゾ 1着(7番人気)
前走3勝クラスの関ヶ原Sで改めて感じたが、今は2000mが短い様に思えた一戦で1番人気も8着は参考外。2走前は勝ち馬アドマイヤビルゴより2キロ重い56キロの斤量で2着(0.2秒差)も、今回は53キロの3キロ減でアドマイヤは56キロなら都合“5キロ差”なら格上挑戦でも魅力的では!?…一発を期待する。

◯ 13 レクセランス 15着(11番人気)
牡馬クラシックで11着、15着、そして最終戦菊花賞が16着以来のレースとなるが初戦を待ってた私。何せデビュー3連勝ですみれS(L)を制し3戦共に上がり最速、更にそのすみれSであわや菊花賞馬!のアリストテレスをクビ差で差し切った能力の持ち主。距離短縮はプラスで外枠からゆったり行ければ…鞍上無視で期待する。

▲ 11 クラージュゲリエ 3着(5番人気)
長期休養を叩かれ2戦目の前走アンドロメダSは、今回1番人気想定のアドマイヤビルゴにクビ差0.1秒差の2着。当時アドマイヤとの斤量差は2キロだが今回は同じ…で、あちらは重賞未勝利馬となれば逆転の可能性は十分。“絞れない”という馬体は気になるが、鞍上はテン乗り福永Jも先週に昨日と好調で期待したい。

△ 1 ダイワキャグニー 12着(3番人気)
2走前の毎日王冠でサリオスの2着となり挑んだ前走天皇賞・秋で6着も、去勢効果か近2走の走りが良い意味で以前と違う印象。また、東京で全8勝を挙げてるが中京開催は願ってもないチャンスとみている私。57.5キロと初距離は???だが、最内から金鯱賞の様に主導権を握るのも手とみて期待したい。

× 9 ヴェロックス 9着(2番人気)
前走は9ヶ月半の休養明けも+8キロのトップハンデで3着は上々の内容。一叩きされた今回は上積みは間違いなくあり、ハンデ57キロも牡馬クラシックの皐月賞2着に日本ダービーと菊花賞で3着の実績上位。更に今年東西の金杯制した5歳世代の後押しで、同馬に好勝負まで期待したい。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線で半ばで先頭に立ちそのまま押し切った7番人気のショウリュウイクゾ、
2着は後方外から後階に追い込んだ13番人気のミスマンマミーア、
3着は直線勝ち馬の後ろからジリジリ脚を伸ばした4番人気のクラージュゲリエでした。

本命◎ショウリュウイクゾは7番人気で1着!

我が本命の◎ショウリュウイクゾですが結果1着となりました。スタートは外目の枠でしたがスッと出れ、ポジションを取るべくゆっくり1角までに前目に出ていきました。道中は3番手の外で前を追いかける形になり好ポジション。折り合いも付き脚をジッと溜める流れに乗り残り800mでやや追っつける感じで直線へ入りました。その直線ではそのまま勢いが衰えず、早めに先頭に立ち軽量を生かした騎乗で団野Jは重賞初勝利となりましたね。アドマイヤビルゴの斤量2キロ増は可愛そうでしたが、コチラは逆に得をした斤量でした。そして団野Jおめでございました。

13番人気馬が52キロを生かし激走…

予想的には、我が本命◎のショウリュウイクゾが1着で斤量53キロを味方にした感じ、2着は後方からでコチラも52キロの軽量を生かし追い込んだ13番人気のミスマンマミーア、そして3着はスタート前に蹄鉄を打ち替えて挑んだクラージュゲリエでした。またもや1着ヌケですが、2、4、5着が予想に入ってないので情けない予想だが、2着はミスマンマミーア…直線の長い中京と2200mでは安定して走ってるのはわかってたが予想の5頭の中には入れきれず。うーん、3連単は961,790円と100万馬券に近い配当でしたが無念のハズレ。ハンデ戦は改めて難しいと感じるレースでした。

来週は、フェブラリーSへの出走権を賭けた東海Sと、AJCCの芝・ダートG2の重賞が開催されますね。3歳重賞はありませんが、特に東海Sの方は面白いメンバーという印象で非常に楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました