【POG】キタサンブラック産駒で母サウンドバリアーの2019となるサウンドクレアの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

重賞3勝でG1・2着ありの半姉に続きたいところ。父は新種牡馬のキタサンブラックで母サウンドバリアーの2019となるサウンドクレアをご紹介したいと思います。

サウンドクレアのプロフィール

馬名:サウンドクレア(2歳・牝馬)
馬主:増田雄一氏
管理:安達師
父:キタサンブラック
母:サウンドバリアー
母父:アグネスデジタル
デビュー予定日:2021年8日1日(日) 新潟 芝1800m
鞍上予定:松山ジョッキー

新馬戦で2頭共に3番人気も…

父はこの世代からの新種牡馬となるキタサンブラックとなり、先週の2019世代では新馬戦でメトセラが3番人気に推されるも5着と掲示板まで、そしてオディロンも3番人気に推されましたが6着と見せ場なく終わりました。どうも個人的には未だインパクトが足りなく感じる新種牡馬ですが、やはり突然変異の種牡馬か…今後の活躍が半信半疑に感じてる私ですがその思いを払拭してくれることを期待したいですね。

重賞3連勝からG1・2着の実績を持つ母

母はサウンドバリアーでアグネスデジタル産駒ですね。現役時はデビュー5戦目でようやく未勝利戦を勝ったが、フィリーズレビュー(G2)で重賞初制覇。その後牝馬クラシックの桜花賞で16着にNHKマイルCで13着に敗れ、以降も主な活躍ができないまま通算18戦2勝で引退し繁殖へと上がりました。そして繁殖生活ですが、代表産駒は冒頭でも触れた様に2015のサウンドキアラ(父ディープインパクト/牝馬)でしょう。京都金杯から京都牝馬S、そして阪神牝馬Sと重賞3連勝をやってのけ、続くヴィクトリアマイル(G1)ではあの名牝で勝ち馬アーモンドアイに0.7秒差の2着。ノームコアやダノンファンタジー、ラヴズオンリーユー等のG1馬に蹴散らしての事だけに価値は高いですね。

ディープインパクトから新種牡馬キタサンブラックへ…

そんな中、新種牡馬のキタサンブラックを配合された5番仔のサウンドクレア今週末デビューを迎えようとしております。そのデビュー戦が8月1日(日)の新潟芝1800mで鞍上はもちろん半姉の主戦松山J。預託先は半姉もそうだが初仔から全て管理する安達師。父がディープインパクトからキタサンブラックに替わり色々と良し悪しは出てくると思いますが、距離はマイル以下で活躍のサウンドキアラに対して1800mで初戦を迎えそうなのは意外。調教では頭が高い上に口向きの悪さ、そしてゲートにやや不安もあるという事ですが初戦を勝てると先々は成長を促せるだけに陣営も勝たせたいところ。初戦でどんな走りを魅せてくれるか楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました