【POG】ロードカナロア産駒で母ジェラシーの2019となるグレイスフルの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

低評価を覆した激走のオークス4着…今度はこの仔で!?。父はロードカナロアで母ジェラシーの2019となるグレイスフルをご紹介したいと思います。

グレイスフルのプロフィール

馬名:グレイスフル(2歳・牝馬)
馬主:近藤英子氏
管理:菊沢師
生産:ノーザンファーム
父:ロードカナロア
母:ジェラシー
母父:ハービンジャー
デビュー予定日:2021年9日18(土) 中山 芝1800m
鞍上予定:戸崎ジョッキー

先週は全て掲示板確保も勝鞍は…

父はロードカナロアとなり、先週の2019世代では新馬戦では期待馬のアドマイヤラヴィとライラスターが共に3着、そしてエールトゥヘヴンが4着にマテンロウメーヴェが5着。未勝利戦ではランコントルが2着と5頭全て掲示板確保も、残念ながら勝ち星挙げる事ができませんでした。また現状産駒の筆頭候補はすずらん賞(OP)をデビュー2連勝で勝ち京王杯2歳S(G2)に参戦予定のヴィアドロローサでしょうが、期待の新馬勝ち組ステルナティーアやダノンスコーピオン等もおり、非常に楽しみな世代で今後が益々楽しみな私です。

母はオークス4着!、その後は奇しくも…

母はジェラシーでハービンジャー産駒ですね。現役時は、デビュー4戦目で勝ち上がるとミモザ賞2着からスイートピーSと(OP)を勝ちオークスへの権利取りに成功。そして本番のオークスでは10番人気の低評価を覆す、勝ち馬シンハライトに0.3秒差の4着と激走したが…奇しくもそれがラストランとなり、いつの間にか登録抹消から引退し繁殖へと上がっていましたね。その繁殖生活でこの2019世代が初仔となりますが、仔に母の叶わなかった夢を託したい感じです。

再度近藤英子氏×菊沢調教師で…

そんな中、ロードカナロアを配合された初仔のグレイスフルが今週末デビュー予定となっております。馬主は母ジェラシーを所有の近藤英子氏で、預託先もジェラシーを管理した菊沢師との事でリベンジという感じになりますね。デビュー戦ですが、18日(土)の中山芝1800mを鞍上戸崎Jを配しての参戦予定も登録数が思ったより少なく出走はできそうなのは大きい。調教では“長く良い脚を使う感じとセンスがありそう”との師のコメントがありますし、初戦から!という感じですね。初仔という点が気になりますが、血統的にも楽しみに感じる私。デビュー戦で母は3着でしたが自身はどんな結果を出すか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました