【POG】モーリス産駒で母ディアマイベイビーの2019となるゲイングラウンドの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

評判馬がかなり揃った新馬戦へ参戦…自信あり!?。父はモーリスで母ディアマイベイビーの2019となるゲイングラウンドをご紹介したいと思います。

ゲイングラウンドのプロフィール

馬名:ゲイングラウンド(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:須貝師
募集額:4,000万円
生産:ノーザンファーム
父:モーリス
母:ディアマイベイビー
母父:ディープインパクト
デビュー日:2021年9日19(日) 中京 芝2000m
鞍上:福永ジョッキー

新馬勝ち後の次走が…

父はモーリスとなり、先週の2019世代では新馬戦ではナックフローラが7着にベジャールが5着。そして未勝利戦ではゴーウィズフェイスが3着にアロハモーラが14着、コンセプシオンが12着で産駒として勝ち星を挙げる事ができませんでした。ふと思ったのが、この世代で新馬勝ち馬は現時点で6頭いますがその後の出走が1頭もない状況なんですよね。インパクトのあったマテンロウスカイは、2着5馬身を付ける圧勝劇で再度横山(典)Jを背に野路菊Sへ向けて調整されてます。新馬勝ち後の馬の次走がどんな結果を出すのか気になるところ。そして暮れの2歳Sやクラシックへ向け好結果を出す馬が出てくるといいですね。

母の兄弟に、朝日杯FS勝ちのゴスホークケン

母はディアマイベイビーでディープインパクト産駒で、半兄には朝日杯FSでを制したゴスホークケン(父バーンスタイン)がいる血統ですね。現役時は、デビュー3戦目で初勝利を挙げるもファンタージSと阪神JF共に9着と、残念ながら主な活躍ができないまま通算17戦2勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、初仔のジュスタウェイ産駒(1勝)に始まり、キングカメハメハ産駒(1勝)、リオンディーズ産駒(0勝)と何れも厳しい結果が続くのは気がかりですが…そろそろ走る馬が出てきても!?。

評判馬が揃った新馬戦へ…

そんな中、モーリスを配合された4番仔のゲイングラウンドが今週末のデビューが決まりました。そのデビュー戦は、先日ご紹介したソクラテスを初め、武(豊)J騎乗のトゥデイイズザデイや川田Jを配したソリダリティとかなり評判馬が揃った19日(日)の中京芝2000mを鞍上福永Jで参戦。また預託先は須貝師で、このメンバー相手に初戦からぶつけてくる辺りは自信の現れでしょうか。調教は大跳びで緩さの中に動きは徐々に良さが出てきてる感じでしょうが、同日のライバルからしたら個人的には物足りない印象。実践で激走パターンかもしれませんが、雨予報も気になります…この相手にどんな結果となるか興味津々です。

タイトルとURLをコピーしました