【POG】ディープインパクト産駒で母ヤンキーローズの2019となるロムネヤの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

金子氏が高額落札で所有の名種牡馬は色んな意味で気になります。父はディープインパクトで母ヤンキーローズの2019となるロムネヤをご紹介したいと思います。

ロムネヤのプロフィール

馬名:ロムネヤ(2歳・牝馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:国枝師
落札額:2億1,000万円(セレクトセール2019)
生産:ノーザンファーム
父:ディープインパクト
母:ヤンキーローズ
母父:オールアメリカン
デビュー予定日:2021年9日20(月祝) 中山 芝1600m
鞍上予定:戸崎ジョッキー

出走は1頭ながら新馬勝ち

父はディープインパクトとなり、先週の2019世代では新馬戦では5頭と少頭数ながらジャスティンパレスが初戦を飾りました。また未勝利戦での出走はありませんでしたが産駒として1勝を積み上げました。さすがディープインパクト産駒という感じで、最近ではドーブネやキャンデセント、未勝利ではキラーアビリティ等など勝ち上がってる馬達は当然ながら良質な馬ばかり。まだ未デビュー馬も楽しみな馬が多くこの世代もクラシック馬が誕生するのか興味津々な私です。

2021はダノックスが3億7,000万円の超高額落札

母はヤンキーローズででオーストラリア産のオールアメリカン産駒ですね。現役時は、スプリングチャンピオンSとサイアーズプロデュースSのG1を2勝しており、その他にはゴールデンスリッパーSのG1で2着、コックスプレートで3着の実績があり、通算10戦4勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが、この2019世代が初デビューとなります。因みに2020(父ドゥラメンテ/牝馬)がサンデーレーシング所有で募集額4,000万円で預託先は中内田師だが、2021(父ロードカナロア/牡馬)は何とダノンでお馴染みダノックスが、セレクトセール2021にて3億7,000万円の超高額落札。牡馬だから?という事か馬体が素晴らしいとい事か?はさておき、何れにせよ驚きの額で果たして走るのか!?非常に興味をそそられます。

金子氏×国枝師=アパパネの再現となるか!?

そんな中、ディープインパクトを配合されたロムネヤが今週末デビュー予定となっております。馬主はリアルダビスタ金子氏でセレクトセールで2億1,000万円で落札されました。また、預託先はアパパネで3冠となった牝馬の国枝師管理となれば俄然期待度の高さが伺われます。デビュー戦は20日(月祝)の中山芝マイルで思ったより登録馬が多く、除外はかなり気になるところですが鞍上が戸崎Jは意外!?もトップジョッキーではあるだけに楽しみではあります。しかし調教はまずまずという感じも、馬主、調教師、血統等を考慮しても個人的に期待度は高まるものだが…思ったよりたより小柄で420前後でやはり今後の成長が欲しいがそこは牝馬の国枝調教師。うまく成長を促しながら結果を出していって欲しいところ。先ずは抽選突破ですが、その後どんな走りを魅せてくれるか楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました