2021年 神戸新聞杯(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

我が本命◎モンテディオが3着に入り、来たら仕方ないで切った3、4番人気は飛んでくれましたが…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 4 モンテディオ 3着(8番人気)
デビューから【2422】と堅実な走りで着外は5着が1回と、青葉賞の8着。その青葉賞では今回有力馬の勝ち馬ワンダフルタウンに僅か0.4秒差。また相手は初中京に対してコチラは【0210】の良績。すみれSで3着等、距離適正は十分。鞍上池添Jも感触が良さげですし、馬券圏内で期待する。

◯ 1 セファーラジエル 7着(6番人気)
5戦目で初勝利を挙げ、前走白百合S(L)で2勝目を挙げた同馬。ただ、前走の相手関係は気になるが後方2番手から最速の上がりで2着に4馬身差を付け脚質幅も広がった。そして鞍上が継続騎乗となる鮫島(克)Jだが、今年既にキャリアハイの勝利数を挙げているのも心強く、馬券圏内として期待してみる。

▲ 8 イクスプロージョン 6着(7番人気)
デビューから6戦目にして初勝利から1勝クラスを連勝。そして前走阿賀野川特別では馬体が+8キロが誤算も勝ち馬と0.4秒差の5着。叩かれた上積みに中京【1110】、更に鞍上は西村Jから松山Jへ乗り替わりはプラス。持ちタイム2位から自身のペースで運べれば…好走を期待する。

△ 5 ステラヴェローチェ 1着(2番人気)
前走日本ダービー(G1)では9番人気と距離延長もあってか?低評価も、結果は上がり1位で何と前にいた1、2着馬とタイで後方から追い上げた脚は魅力だった。その走りで今回も菊花賞TRの休み明けも安定感に対して信頼度は高い。大崩考えにくく初コースでも東京で実績を加味すれば問題なし。好走を期待する。

× 10シャフリヤール 4着(1番人気)
前走、断然人気のエフフォーリアに土をつけ勝った日本ダービー(G1)は素晴らしい内容。菊花賞の2冠へ向け休養を経てのTR参戦だが、休み明けも好仕上がりで動きは上々。そして好調極まりない主戦の福永Jを背に陣営も自信満々な印象な上に、不安材料が1つも見つけきれない。1番人気必至だが好勝負まで期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の真ん中から突き抜けた2番人気のステラヴェローチェ、
2着は勝ち馬の内から脚を伸ばした5番人気のレッドジェネシス、
3着は直線で早め先頭から押し切りを図った8番人気のモンテディオでした。

8番人気で3着の我が本命馬

我が本命の◎モンテディオですが結果3着となりました。予想の段階でも想定しなかったがまさかの不良馬場まで悪くなるとは思わず…仕方ない。やや内4番からのスタートでしたが、好スターから外を行かせて1角へ。その1角では予想外の2番手の内で前を追走する形。道中は折り合いも付き逃げ馬を見ながら淡々と流れる展開。向こう正面も変わらず2番手で馬群が徐々に固まってきているがペースを維持。4角で徐々に前との差を縮めて直線へ。その直線では早めに先頭に立ち後続がくるなか粘走をみせて3着を確保しました。こんな時の池添Jはさすがです!

ワンダフルタウン、キングストンボーイを切るも…

予想的には、1着は馬体重プラス18キロでも成長という意味で強かったステラヴェローチェ、2着は持ちタイム1位で内からグイグイ勝ち馬を追い詰めたレッドジェネシス、3着は我が本命でしたが後方からの競馬と思いきや前からの競馬でしたが3着を粘走で馬券圏内を確保しました。いやはや、シャフリヤールは伸びるキングストンボーイ側へヨレていたのが気になりましたが馬場が厳しかった感じでしたね。3連単は89,330円で高配当。うーん、◎と△を持ちながら1、2番人気に腹を括って残り3頭穴馬を狙ったが…よもやの藤岡(康)Jを嫌って外した馬が2着は参りました。これも競馬ですが、残念ねがら無念のハズレとなりました。

次週は土曜にシリウスS(G3)で、日曜には秋競馬最初のG1スプリンターズSが開催です。かなりメンバーが揃いどこからも狙えそうですが好予想ができるよう頑張りたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました