2022年 シンザン記念(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったソリタリオがやっぱり…きてしまいました^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 6 カワキタレブリー 8着(7番人気)
新馬勝ちから徐々に距離を伸ばし3走目には、後の阪神JF出2着のラブリイユアアイズの3着。そして5走目の前走デイリー杯2歳Sでは、後の朝日杯FSで2着のセリフォスの3着と派手さはないが堅実さは魅力。初の左回りだが、再度同距離に継続で松山Jが騎乗もプラスで前目から粘り込みを期待する。

◯ 15 セルバーグ 11着(11番人気)
デビュー戦が他馬に囲まれた中、スローから折り合いを欠いても2着に0.2秒差を付け勝利。前走京王杯2歳Sでは、発汗が目立ちスローから再度折り合いを欠いてしまい今度は7着。陣営もクロス革を付け調教の動きもUP模様。再度和田Jでエピファネイア産駒も気になり一発を期待する。

▲ 1 ビーアストニッシド 4着(5番人気)
前走京都2歳Sでは、楽な展開に思え直線残り50m近くで粘り込めずの2着と距離の壁を感じた。今回は【1010】のマイルに戻り、速い上がりのデビュー戦に対応できたセンスは魅力的。内枠に鞍上岩田(康)Jの継続騎乗で中京も3着1回の実績から、馬券圏内で期待する。

△ 9レッドベルアーム 3着(3番人気)
新馬戦では、後のG1馬となった5着キラーアビリティに0.5秒差を付ける勝利。一転、前走東スポ2歳Sでは折り合い難でもイクイノックスに1.0秒差の5着は致命的。ただ、初戦の内容と鞍上は川田Jを確保した辺り巻き返してもおかしくない。距離短縮が良い方にでれば…期待する。

× 2ラスール 7着(1番人気)
新馬戦ではS後にやや後手を踏むもスッと前に出て折り合い、直線では隣の馬を跳ね飛ばし半ばで一気に加速し2着に3馬身1/2差を付け楽勝。レース後のルメールJのコメントが、『新しいグランアレグリア』。素直に信じるかどうか?だが、血統的にも時計的にも抜け出すも勝負根性も加味し素直に期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線早めに抜け出し押し切った4番人気のマテンロウオリオン、
2着は勝ち馬の後ろから脚を伸ばした2番人気のソリタリオ、
3着は直線後方外から追い込んだ3番人気のレッドベルアームでした。

よもやの中団より後方の位置取り!?

我が本命の◎カワキタレブリーですが結果8着となりました。真ん中よりやや内からのスタートでしたが、スッと出れましたが周りにドッと行かれて1角へ。その1角では想定よりかなり後方で中団にポジションを取りました。道中は折り合いも付いてはいたものの、想定より後方の位置取りの時点で怪しく感じましたが…4角までじっくり脚を溜める形。結局ポジションを上げれないまま後方2~3番手辺りで直線へ。その直線では脚を伸ばすも脚質的に厳しく残念ながら良さを活かせないと思った競馬でした。

ラスールに加え、セルバーグも…

予想的に、1着は寺田氏×昆師×横山(典)Jとミスパンテール以来のマテンロウオリオンが重賞初制覇。2着は勝ち切れずとも堅実なソリタリオ、3着は馬場の真ん中から豪快に脚を伸ばしたレッドベルアームでした。3連単は25,490円とラスールが飛んだ分、この人気で好配当という印象。しかしルメールJが珍しく進路がない箇所へ突っ込んでいき、更に横にいた我が予想の◯セルバーグも煽りを受けてしまいましたがこれも競馬です。そして予想の方は、2019、2020、2021と相変わらず年明けから10戦近く当たらないのは今年もか!?。まぁ、穴党ですので一発当たれば回収できますんで焦らずじっくりスタンスを変えずに予想していきます。情けない予想でしたが、気長にお付き合い頂ければ幸いです。

さて、明日は祝月ですがフェアリーSが開催されます。今度こそ…的中に向けて頑張ります。

タイトルとURLをコピーしました