2022年 大阪杯(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

次週の4月3日(日)には、あのエフフォーリアが今年初出走となる大阪杯(G1)が阪神競馬場で開催されます。まずまずのメンバーが揃った印象も、現時点では抜けた馬が2頭という感じにも見えます。また、穴党としては展開のアヤでも穴馬に一矢報いて欲しいところ。それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

阪神競馬場 大阪杯(G1) 芝2000メートル

エフフォーリア:父エピファネイア×母父ハーツクライ 横山(武)J

ジャックドール:父モーリス×母父アンブライドルズソング 藤岡(祐)J

ポタジェ:父ディープインパクト×母父オーサムアゲイン 吉田(隼)J

レイパパレ:父ディープインパクト×母父クロフネ 川田J

アカイイト:父キズナ×母父シンボリクリスエス 幸J

アリーヴォ:父ドゥラメンテ×母父ハーランズホリデー ルメールJ

キングオブコージ:父ロードカナロア×母父ガリレオ 横山(典)J

スカーフェイス:父ハーツクライ×母父クロフネ 岩田(康)J

ヒュミドール:父オルフェーヴル×母父チチカステナンゴ デムーロJ

マカヒキ:父ディープインパクト×母父フレンチデピュティ 岩田(望)J

アフリカンゴールド:父ステイゴールド×母父ゴーンウエスト 国分(恭)J

ウインマリリン:父スクリーンヒーロー×母父フサイチペガサス 松岡J

レッドジェネシス:父ディープインパクト×母父ストームキャット 藤岡(康)J

ショウナンバルディ:父キングズベスト×母父リダウツチョイス 坂井(瑠)J

ヒシイグアス:父ハーツクライ×母父バーンスタイン 未定

ステラリア:父キズナ×母父モティヴェーター 未定

《除外対象馬》

1、ジェラルディーナ:父モーリス×母父ディープインパクト 福永J
2、アドマイヤハダル:父ロードカナロア×母父ディープインパクト 未定

上位人気はやはりこの2頭!?

やはり昨年3歳強力世代と言われた中で年度代表馬となり、皐月賞に天皇賞・秋に加え有馬記念の古馬相手にG1・3勝を挙げた横山(武)J騎乗のエフフォーリア。そして1勝クラスから前走初重賞挑戦の金鯱賞(G2)でG1馬以下を2馬身1/2差で逃げ切り目下5連勝中の藤岡(祐)J騎乗のジャックドールの2頭が大注目の初対決となります。前者はあのグランアレグリアにコントレイル、更にはクロノジェネシスまでも一蹴した強さがあり、後者は超新星ながら前走レイパパレやアカイイトのG1馬を寄せ付けない圧逃で重賞初制覇と勢いがありこの2頭がやはり1、2番人気を想定としています。

牝馬のG1馬も虎視眈々と…

続くは、宝塚記念(G1)3着以来で前走金鯱賞(G2)でようやく復調気配を魅せた川田J騎乗のレイパパレに同レース3着のエリザベス女王杯(G1)馬となった幸J騎乗のアカイイト。やや空いたがAJCC(G2)で重賞2勝目を挙げ挑む横山(典)J騎乗のキングオブコージ、G2・3勝馬でオークス2着の松岡Jに乗り替わるウインマリリン、重賞未勝利ながら善戦の吉田(隼)J騎乗ポタジェ等も侮れない感じ。更に未知ながら前走小倉大賞典(G3)勝ちでよもやのルメールJを確保したアリーヴォもいます。除外対象ながら出走してきたら面白そうな超良血で福永J騎乗予定のジェラルディーナも気になります。

上位2騎が俄然注目となりそうですが…あっさり上位陣で決まるか!?、それとも伏兵馬が絡むか!?穴党としては波乱を期待したいところです。

タイトルとURLをコピーしました