2022年 高松宮記念(G1) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったグレナディアガーズは飛んでくれましたが、17番人気で超大波乱って…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 14 ダイアトニック 14着(6番人気)
昨年は骨折の影響で1戦のみも、今年は中山金杯で+8キロとハンデ57.5キロで0.1秒差の4着。続く前走阪急杯で衰えなしの重賞3勝目。更なる上積みもあり、4、1着と継続騎乗の岩田(康)Jは近走からも魅力。7歳以上は不利なデータもあるが2年前の重で3着より上を期待する。

◯ 9 ロータスランド 2着(5番人気)
重賞2勝がマイルの関屋記念に前走1400mの京都牝馬S(G3)でスプリント戦初がこのG1。しかも前走の6F通過タイムが1分7秒6で今回より1キロ斤量が重かったのは見逃せない。雨の影響を受けた馬場も合いそうで好走を期待する。

▲ 13 トゥラヴェスーラ 4着(7番人気)
昨年4着馬だが、2走前の京王杯SCで2着、前走阪急杯では鼻出血の9ヶ月振りでよもやの22キロでも2着。共に強烈な最速の上がりでクビ差で、完成の域に入った印象で上積み大。全姉アストンマーチャンの血が騒げば恵みの雨にも…後方ズドンを期待する。

△ 7 レシステンシア 6着(1番人気)
G1で【1502】に1200mで【1300】、また前走の香港Cで危うい競馬も2着を確保。ただ、勝ち味に遅い印象もBOX予想には最適。3ヶ月振りだが主力Jが不在の中、鞍上に横山(武)Jを確保しスプリント戦での安定度は高い。素直に好走を期待する。

× 17 メイケイエール 5着(2番人気)
前走シルクロードS(G3)では、直線ムチが入った後の伸びが魅力。折り合い難でも重賞を勝った馬が折り合いが付くようになった今なら更にチャンス。鞍上はG1で頼れる強心臓の池添Jで、2走前のG1スプリンターズSで4着に導いた手腕からも好勝負を期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬群をぬって内からグイグイ脚を伸ばした8番人気のナランフレグ、
2着は直線馬場の真ん中から追い込んだ5番人気のロータスランド、
3着は上位2騎の間から脚を伸ばしていた17番人気のキルロードでした。

スタートで後手から最後方の競馬…

我が本命の◎ダイアトニックですが結果14着となりました。真ん中よりやや外めな14番からのスタートでしたが、よもやのやや後手を踏む形でゲートを出てスッと立ち直して1角へ。その1角では致し方ないか最後方でポジションとなりました。道中で折り合いは付いてましたし、鞍上も腹を括ってじっくり脚を溜める形にしての直線へ。その直線では最内を狙い脚は伸ばすもののさすがにその位置取りでは…という感じでした。この大舞台でやや後手は運がなかったですね。

上位馬が飛び、キルロードが超高配当を演出

予想的には、重馬場で開催されたのは想定内でしたが1着のナランフレグは週中には予想候補に残すも5頭に入れきれず。2着のロータスランドは我が予想は◯で初のスプリントもこなし素晴らしい伸びを魅せましたね。3着はよもやよもやの前目の競馬で残したが完全度外視だったキルロードはお手上げでした。そして3連単配当が2,784,560円…!?とまぁ、ここまで荒れるか?という感じの結果ですね。そしてよもやのレシステンシアが+18キロ増は想定外で関係者のコメントは…私には『太い』としか思えなかった。その他人気のサリオスは全くの度外視でしたが、グレナディアガーズは週中悩みましたが“大外”で切った感じでした。いやはや穴党の出番ありのレースでしたが、完敗な高配当レースでした。

次週は土曜日にダービー卿CT(G3)で、日曜には今年初戦を迎えるエフフォーリアが参戦の大阪杯(G1)ですね。

タイトルとURLをコピーしました