【オークス(G1) 2022】スターズオンアースVSサークルオブライフで決まる!?そして穴馬は!?

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末5月22日(日)には牝馬クラシック第二弾のオークス(G1)が東京競馬場で開催されます。ようやく2019世代のオークス馬が決まる一戦で、馬番も決まりましたね。さて、王道組から別路線組からとメンバーも良い感じに揃い踏み。桜花賞馬となったスターズオンアースは川田JからルメールJへ、そしてその川田Jは別路線のアートハウスに騎乗とこの辺も気になるところ。波乱が多い今年のG1ですが…それでは勝手ながら、現時点での上位人気想定や穴馬らしき馬等などを検証していきたいと思います。

オークス(G1)/2022 ピックアップ馬

牝馬クラシック2冠馬となるか!?

馬名:スターズオンアース(3歳・牝馬)
馬主:社台レースホース
管理:高柳師
生産:社台ファーム
父:ドゥラメンテ
母:サザンスターズ
母父:スマートストライク
鞍上:ルメールジョッキー

フェアリーS(G3)の石橋(脩)JにクイーンC(G3)の横山(武)Jが騎乗も、共に2着でヨレて勝ち馬に0.1秒差の2着。そして前走桜花賞(G1)ではテン乗り川田Jでは最後までヨレない手腕を魅せ、10番手から馬群を割って脚を伸ばし7番人気を覆すG1馬へと導かれたが…先約か?他馬への魅力か?はだが、まさかのルメールJへ乗り替わり。もちろん昨年はアカイトリノムスメをテン乗り2着と好走させてるだけにそこは心配なさそうだが、気になるのがこの馬の力が抜けているのか!?。何せ桜花賞(G1)が1着~9着まで僅か0.2秒差内決着の団子状態。更によもやの大外枠に、高柳調教師もG1でスターズオンアース以外はという事も加味すると…現時点ではオッズ次第では思い切って切る方向まで考えている私です。

外枠の前走も好走…内で今度こそ!?

馬名:サークルオブライフ(3歳・牝馬)
馬主:飯田正剛氏
管理:国枝師
生産:千代田牧場
父:エピファネイア
母:シーブリーズライフ
母父:アドマイヤジャパン
鞍上:デムーロジョッキー

2歳女王の阪神JF(G1)馬ですが、チューリップ賞(G2)3着に叩かれた上積みから本番桜花賞(G1)では4着と一歩届かず。外枠16番は良スタートを切れたとはいえ、上位3頭は同馬より前のポジションだっただけに、外から上がり最速で脚を伸ばしたが枠に泣いた感じでもあった印象。距離が800m延びる点は全馬同条件で3歳戦だけに心配はしてない。また、東京替わりは最速の末脚でアルテミスS(G3)を勝っている実績もあり、調教の動きも良くカイバもしっかり食べてるとの事。6番枠と良いところに入りましたし、不安が少なく現時点では予想に入れようと思っている私です。

自身で導いた桜花賞馬ではなく…

馬名:アートハウス(3歳・牝馬)
馬主:H.H.シェイク・ファハド氏
管理:中内田師
生産:三嶋牧場
父:スクリーンヒーロー
母:パールコード
母父:ヴィクトワールピサー
鞍上:川田ジョッキー

新馬戦では、話題の超高額馬5億1,000万円馬のショウナンアデイブを3馬身差突き放す圧勝劇。続くエリカ賞(1勝クラス)で1番人気も、力んで競馬にならずの6着と度外視できる。そこから4ヶ月の休養を経て挑んだ忘れな草賞(L)が、2着以下に3馬身差の圧勝!で相手関係はともかくタイム的にはやや物足りなさを感じる?も、+10キロの休み明けにG前は流しており時計は詰められる見込み十分。それより気になるのは初物尽しでしょうか。東京コースに左回り、輸送に12頭以下の少頭数ばかりの競馬と諸々課題が多い…鞍上はデビューから手綱を獲る川田Jは心強いし、桜花賞馬スターズオンアースではなくコチラに騎乗は、母パールコードは自身の手綱で秋華賞(G1)2着のお返しを狙ってるかも!?。もちろん実績的に王道路線組には見劣るが、現時点では予想の候補に残したい私です。

現時点で気になる穴馬と、無料のメルマガ予想登録フォーム

現時点の穴馬候補:「人気ブログランキング」へ
重賞でメインレースのみの予想ですが、よければ登録の方をお願いします!
無料予想のメルマガ登録:「俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム」へ

この世代の牝馬G1・2戦で共に1番人気だけに巻き返す!?

馬名:ナミュール(3歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:高野師
生産:ノーザンファーム
父:ハービンジャー
母:サンブルエミューズ
母父:ダイワメジャー
鞍上:横山(武)ジョッキー

阪神JF(G1)に加え前走の桜花賞(G1)と、この世代の牝馬G1・2戦共に1番人気に推された同馬。ただ結果は、阪神JF(G1)でピンク帽17番枠からスタートの出が悪くのダブルパンチながら、勝ち馬0.2秒差。そして桜花賞(G1)でもピンク帽で大外18番枠となり厳しい状況の中、着順は10着だが勝ち馬に0.3秒差と差のない競馬が出来ている。因みに賞金不足ながらメイチで挑んだはずのチューリップ賞(G2)では、後の桜花賞2、4、5着馬に1馬身1/2差を付けて快勝しているだけ評価は下げたくないが…当日の馬体重が減ってる様だと気になるのと、同世代の同条件とは言え母父ダイワメジャーは少々引っかかる。レシステンシアで3着に粘らせた横山(武)Jでもあり、今回は大外ではなく真ん中の8番枠。現時点では当日の馬体重や配当妙味がなければ切る方向で考えてる私です。

という事で、勝手ながら有力馬3頭+現時点での穴馬と、気になる馬を検証してみました。その他にももちろん桜花賞2着のウォーターナビレラや東京替わりで一変の!?プレサージュリフト、更にフローラ賞(G2)勝ち馬のエリカヴィータに2着のパーソナルハイ、そして未だ結果を出せてないがレーンJのスタニングローズ等などもいます。昨年のハギノピリナには驚きましたが、そこまで及ばずとも今年は抜けた馬がいなそうなだけにそれはそれで大波乱の可能性も!?。さて、スターズオンアースが牝馬2冠馬となるか!?、それとも他馬が一矢報いるか!?結果が気になる私です。

タイトルとURLをコピーしました