2022年 日本ダービー(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

次週の5月29日(日)には、東京競馬場で牡馬クラシック第二弾の日本ダービー(G1)が開催されます。フルゲート18頭に対して抽選対象が1/2となりますが、超が沢山付くほどの豪華メンバーで、もちろん皐月賞1、2着馬は人気しそうですが、それでも人気割れの可能性十分。予想で5頭BOXからどの馬を選ぶか相当迷いますが…それでは出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

東京競馬場 日本ダービー(G1) 芝2400メートル

イクイノックス:父キタサンブラック×母父キングヘイロー ルメールJ

ダノンベルーガ:父ハーツクライ×母父ティズウェイ 川田J

アスクビクターモア:父ディープインパクト×母父レインボウクエスト 田辺J

ジオグリフ:父ドレフォン×母父キングカメハメハ 福永J

ジャスティンパレス:父ディープインパクト×母父ロイヤルアンセム デムーロJ

ドウデュース:父ハーツクライ×母父ヴィンディケイション 武(豊)J

キラーアビリティ:父ディープインパクト×母父コングラッツ 横山(武)J

ビーアストニッシド:父アメリカンペイトリオット×母父ネオユニヴァース 和田J

プラダリア:父ディープインパクト×母父クロフネ 池添J

ピースオブエイト:父スクリーンヒーロー×母父オアシスドリーム 藤岡(裕)J

デシエルト:父ドレフォン×母父キングカメハメハ 岩田(康)J

アスクワイルドモア:父キズナ×母父ゼンノロブロイ 岩田(望)J

マテンロウオリオン:父ダイワメジャー×母父キングカメハメハ 横山(典)J

マテンロウレオ:父ハーツクライ×母父ブライアンズタイム 横山(和)J

オニャンコポン:父エイシンフラッシュ×母父ヴィクトワールピサ 菅原J

セイウンハーデス:父シルバーステート×母父マンハッタンカフェ 幸J

ロードレゼル:父ディープインパクト×母父キングカメハメハ レーンJ

抽選対象馬(1/2)

・ジャスティンロック:父リオンディーズ×母父アッミラーレ 松山J
・コマンドライン:父ディープインパクト×母父ティズワンダフル 未定

という感じでしょうか。

人気は皐月賞(G1)の1、2着馬か!?

上位人気になりそうなのが、皐月賞を勝ち馬で福永J騎乗のジオグリフや同レースで2着となった新種牡馬キタサンブラック産駒のルメールJ騎乗イクイノックスが有力でしょうか。ただその他皐月組となるが、3着で結果次第では凱旋門賞(G1)も視野に入っている朝日杯FS(G1)馬の武(豊)J騎乗ドウデュース、4着馬の共同通信杯(G3)で圧巻のパフォーマンスを魅せた川田J騎乗ダノンベルーガ、5着で弥生賞ディープインパクト記念(G2)を勝っている田辺J騎乗のアスクビクターモアもいます。

TR組等、その他別路線からも…

NHKマイルC(G1)でタイム差なしのクビ差2着のマテンロウオリオンが、主戦横山(典)Jで急遽参戦を表明。更にデビューから無傷の3連勝で毎日杯(G3)を制した主戦藤岡(裕)J騎乗のピースオブエイトや、ダービーTRで青葉賞(G2)勝ち馬の池添J騎乗プラダリアと同2着馬のレーンJを配してきたロードレゼル。2歳暮れのホープフルS(G1)を勝ったキラーアビリティが横山(武)Jで皐月賞13着からの巻き返しとなるか!?等などキリがない程…

この世代の頂点に立つ馬がどの馬になるのか!?と、競馬関係者なら誰もが狙う日本ダービー制覇。非常に楽しみですね!。そしてこのレースが終わって6月に入れば…また新たな2020世代の新馬戦が始まりますし、締め括りの一戦だけに好配当を期待して予想も吟味したい私です。

タイトルとURLをコピーしました