2022年 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 出走予定馬&血統&想定ジョッキー

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末の12月18日(日)には、阪神競馬場で2歳マイル王者を決める朝日杯フューチュリティステークス(G1)が開催されます。フルゲート18頭に対してロードラディウスが回避予定との事で、全17頭と当初抽選対象馬もいましたが現時点では登録馬全て出走ができそうです。次週には中距離のホープフルSもありますが先ずはマイルの2歳G1戦。穴党として波乱を期待しつつ、人気馬のどれかを切りたいと思っています。それでは現時点での出走予定馬、血統、想定ジョッキーをご紹介したいと思います。

阪神競馬場 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 芝1600メートル

ダノンタッチダウン:父ロードカナロア×母父ダンシリ 川田J

オオバンブルマイ:父ディスクリートキャット×母父ディープインパクト ルメールJ

フロムダスク:父ボルトロード×母父ジャイアンツコーズウェイ 武(豊)J

オールパルフェ:父リアルスティール×母父ルーラーシップ 大野J

ウメムスビ:父ファインニードル×母父シンボリクリスエス 角田J

ドルチェモア:父ルーラーシップ×母父ディープインパクト 坂井(瑠)J

ドンデンガエシ:父ドレフォン×母父シンボリクリスエス 横山(典)J

バグラダス:父マジェスティックウォリアー×母父ディープインパクト 吉田(隼)J

グラニット:父ダノンバラード×母父フサイチコンコルド 松山J

エンファサイズ:父リアルスティール×母父グラスワンダー 藤岡(康)J

コーパスクリスティ:父エピファネイア×母父キングカメハメハ イーガンJ

スズカダブル:父バゴ×母父ジャイアントレッカー 鮫島(駿)J

キョウエイブリッサ:父グレーターロンドン×母父ルーラーシップ 川須J

ニシノベストワン:父エピファネイア×母父ウォーエンブレム 藤岡(裕)J

ミシェラドラータ:父キンシャサノキセキ×母父フレンチデピュティ 酒井J

ティニア:父フランケル×母父ジャイアンツコーズウェイ 福永J

レイベリング:父フランケル×母父ドックサイダー 横山(武)J

※回避予定:ロードラディウス:父ドレフォン×母父フランケル 未定

上位人気は、サウジアラビアRC組かデイリー杯2歳S組!?

先ずは、前走サウジアラビアRC(G3)を勝った坂井(瑠)ジョッキーに乗り替わりのドルチェモアでしょうか。何せ評判馬ノッキングポイント(4着)以下を、2番手から最速の上がりで2着に1馬身1/4差を付けG前も余裕を見せていましたし有力候補の1頭でしょう。そしてデイリー杯2歳S(G2)組の2頭で、勝ち馬の大野ジョッキー騎乗のオールパルフェと2着馬で川田ジョッキー騎乗のダノンタッチダウン。0.1秒差の僅差でしたが共にこのG1でもヒケを取らない能力を持ってそうです。更にデビュー2戦2勝で京王杯2歳S(G2)を勝ち、ルメールジョッキーに乗り替わりのオオバンブルマイ。

無敗馬等も虎視眈々と…

未勝利からアスター賞を連勝中の横山(典)ジョッキーに乗り替わるドンデンガエシ。共にフランケル産駒でとなるが、福永ジョッキーが手綱を取るティニアとギュイヨンジョッキーの手綱で新馬勝ちから挑む横山(武)ジョッキーに乗り替わりのレイベリング。デビュー2連勝で秋明菊賞を勝ったイーガンジョッキーに乗り替わるコーパスクリスティ、そしてカンナS(OP)勝ちの角田ジョッキー騎乗のウメムスビ等も虎視眈々と…

個人的に現時点では上位馬の力がやや抜けてる気がしますが、未知の2歳戦と競馬は何が起こるかわからないを信じて穴馬を見つけていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました