エプソムカップ 血統診断

あてたろうです。
今週末行われる「エプソムカップ」の注目馬を数頭ピックアップ!

父ディープインパクト、母の父ストームキャットは父の瞬発力と持久力、母の父のスピードがマッチした黄金配合。
この配合から2013年のダービー馬キズナ、同年の桜花賞馬アユサン、昨年のエリザベス女王杯優勝馬ラキシスと3頭のGIウイナーが誕生している。

上記の配合は3頭がスタンバイ。

①サトノアラジン
同馬はラキシスの全弟。
プリークネスS、ベルモントSの米2冠馬リトルカレントを出した母系は優秀で、姉は4歳の秋にGI初制覇を遂げたように成長力にもあり、今年は飛躍が期待できる。

②エイシンヒカリ
祖母の父がグレイソヴリン系のカロで、よりスピードが強調されている。伯父に米GIサンタアニタHの勝ち馬サービューフォート、近親には同じくサンタアニタHなど米GI3勝のジェネラルチャレンジがおり、底力にも優れ、GIIIなら十分に勝てる背景がある。

③ヒラボクディープ
祖母の父カロまでエイシンヒカリと同じ。
牝系には種牡馬で米GIホープフルS勝ちのヘネシーを筆頭に多数のGI馬が名を連ねており、底力は群を抜いている。
スランプから脱出気配だけに侮れない。

昨年の覇者ディサイファもディープ産駒。
近親に有馬記念連覇などGI4勝馬グラスワンダーがいる母系は質が高い。
成長力もあり、6歳になっても衰えはないはずだ。

ただし、小島フトシ厩舎。
ビッグマウスには注意が必要かな?
弱気なコメント連発だったら逆に狙いたい(笑)

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする