ギャレット・ゴメスジョッキーが引退

どうも、あっぷるです。

米競馬で2度の最多賞金獲得ジョッキーとエクリプス賞最優秀騎手賞に輝いた
ギャレット・ゴメスジョッキーが引退を表明ですか。

大レースを勝った後に、体重調整や薬物等に苦しんで一時休業をしたが、
約2年のブランクから復帰した後は更に活躍をし、
06、07年に全米で最多賞金獲得騎手を獲得。
09年には日本のワールドスーパージョッキーズシリーズで来日した事もありましたね。

シニスターミニスターや、フォーティナイナーズサン、
ジオポンティーで重賞勝ちもあるが何より2010年にブレイムに騎乗して
G1のブリーダーズカップクラシックを勝ったがまた休業…
そして今回の引退になった様ですね。

43歳でまだ騎乗できると思うのですが、寂しい限りですね。
本当にお疲れ様でした。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする