【POG】モーリス産駒で母ピュクシスの2021となるキアロヴェローチェの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

既に3勝と開幕週から好調の種牡馬。父はモーリスで母ピュクシスの2021となるキアロヴェローチェをご紹介したいと思います。

キアロヴェローチェのプロフィール

馬名:キアロヴェローチェ(2歳・牡馬)
馬主:大野照旺氏
管理:武(幸)調教師
落札額:3,300万円(セレクトセール2021)
生産:ノーザンファーム
父:モーリス
母:ピュクシス
母父:シンボリクリスエス
デビュー予定日:2023年6月17日(土) 東京 芝1400m
鞍上予定:ルメールジョッキー

好タイム勝ち&大敗馬…

父はモーリスで先週の新馬戦には、偶然か?日程と競馬場を分け被らずの5頭出走。先ず、ダノンエアズロックとミルテンベルクが共に1着。そしてエリカエスティームとヒデシンメイルが共に4着で、フェンダーが10着の最下位。産駒としては計2勝を積み上げました。また、ヒデシンメイル以外全て1番人気に推されましたが…何よりフェンダーが断然1番人気んの1.9倍に推され、よもやの最下位。確かに出遅れたとはいえ個人的にはあまりにも負けすぎな印象でしたが次走巻き返してくるか!?。ただ、開幕週に圧勝のシュトラウス。そして順当勝ちのダノンエアズロックに、個人的ノーマークだったミルテンベルク2騎評判馬が勝利。晩成な血統を思わせる中でこの走りと、新世代はスタートダッシュが良く今後が益々楽しみになる産駒達ですね。

おばにはG1・9勝のアーモンドアイ

母はピュクシスでシンボリクリスエス産駒。また、祖母はフサイチパンドラであのG1・9勝のアーモンドアイを出した血統です。現役時は、デビュー5戦目にようやく勝ち上がるもその後も思う様な結果が出せないまま通算8戦1勝で引退し繁殖入り。繁殖生活は、2019のファンタジア(父ハービンジャー/牝馬)が先日2勝目を挙げたばかり。そして2020のカフェブルーム(父ドレフォン/牝馬)が4戦目の初ダートで2着に3馬身差を付ける快勝と今後に期待という感じで活躍馬がまだ出てない状況です。因みに2022はルーラーシップを、2021はリオンディーズを配合も共に恵まれなかった模様。。。

関係者の期待の高さを感じる鞍上

そんな中、モーリスを配合されたキアロヴェローチェが今週末デビューを予定しております。馬主は大野照旺氏でセレクトセールにて3,300万円で落札。預託先は2020産のゴーマックスで現未勝利の武(幸)調教師となるが、この2021産は2頭を任される状況。デビューは17日(土)の東京芝1400mを鞍上ルメールジョッキーを配した辺りは、関係者の期待の現れとも感じれここは師も結果を出したいところでしょう。調教では順調にこなしてきている中でスピードの高さを見せており、初戦は1400mになったのだろう。血統はもちろんのこと、鞍上に相手関係からもここは好勝負必至か!?。競馬は走ってみないとわからないが…初戦でどんな結果を出すか気になります。

タイトルとURLをコピーしました