天皇賞(秋) 血統診断

過去5年の天皇賞(秋)の連対馬のうち、延べ8頭の父が日本ダービーで連対。
残る2頭のうち、エイシンフラッシュは自身がダービー馬で、両レースの関連性は深い。

今回も大挙9頭が出走予定のディープインパクト産駒が中心になりそう。

①エイシンヒカリ
母の父がストームキャットで、2013年のダービー馬キズナと同配合。
高速決着にも対応可能で、初のGIでも主役の資質は十分ある。

②ショウナンパンドラ
伯父にステイゴールドがいるなど母系が非常に優秀。
爆発力を秘め、大舞台で力を発揮できるタイプだ。

③ディサイファ
母の父ドバイミレニアムはドバイワールドCをレコードで圧勝するなどGIを4勝。
近親にグラスワンダーがおり、母系も優秀。
充実期に入ったムードで侮れない。

④ラストインパクト
母の父ティンバーカントリーはややダート色が濃い。
高速決着必至だけに、不安が残る。

⑤スピルバーグ
半兄フラワーアレーが米GIトラヴァーズS優勝後が案外…。
全兄トーセンラーもマイルCSを勝った後は未勝利という点が気掛かり。

⑥ラブリーデイ
父キングカメハメハはダービーとNHKマイルCを制覇。
母の父ダンスインザダークもダービーで2着。
東京は久々だが、さらに持ち味が生きそうだ。

⑦サトノクラウン
父マルジュは良質なマイラー、中距離馬を送り出している。
菊花賞よりはこちらの舞台が合う。

⑧イスラボニータ
フジキセキ産駒は距離延長時の成績が芳しくないらしい。
昨年の3着馬だが、前走からの1ハロン延長はマイナス材料?。

⑨ワンアンドオンリー
父ハーツクライ、母の父タイキシャトルともに産駒は東京向き。
不振続きだが、ダービーを勝った東京なら、変わる可能性はある。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする