ブリダーズカップターフを有終の美で飾ったアメリカンファラオ

どうも、あっぷるです。

10月31日にアメリカで行われたダート2000メートルの
ブリダーズカップクラシックですが、
米3冠馬のアメリカンファラオが6馬身差を付ける圧勝劇で勝利したそうですね。

父:パイオニアオブザナイル
母:リトル プリンセスエマ
母父ヤンキージェントルマン

の血統で、新馬戦はガルシアジョッキーで5着でしたが、
その後エスピノーザジョッキーが主戦となり今回の引退レースまで騎乗。
滅多に乗れない様な馬に乗れて嬉しかったでしょうね。

しかし、ホント強いの一言に尽きる馬でした。
米3冠はレース間隔もタイトなところもあり2冠達成までは出てきますが
3冠はなかなか出ないのですがそれを乗り越えて37年振りの3冠達成馬。

引退レースでしたがまだまだ現役も続けられそうな中、、
そのまま種牡馬生活に入るようですので今後は子に期待となりますね。

楽しみです。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする