禁止薬物検出事件その2

JRAは7日の中山新馬戦6Rに出走して1着となったピンクブーケ(牝2)から、禁止薬物のカフェインが検出されたと発表。
同馬は施行規定第128条第1項に該当し失格、当該競走の着順も変更。

1着だったのがこれまた厄介ですね…。
禁止薬物が検出されたのは21年ぶりとの事ですが、その昔『キタシバスペイン』という馬も同様の出来事がありました。同馬は中央で23戦し、その後は地方の金沢競馬へ。

当時『キタシバスペイン事件』と騒がれました。
私の記憶だと、厩務員が意図的に【リポビタンD】を飲ませたんですね~。理由は『元気がなかったから』と。

ん~、気持ちはわかる。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする