珍事?笑ってはいけない落馬事故のハナシ

イタリア・メラーノの競馬場でその珍事は起きた。

障害物レースに出走していたアイルランドの騎手が落馬して鼻骨を骨折。
救助のため、出動してきた救急車にも轢かれる始末…。

そんな散々な目に遭った「クリス・ミーハン騎手」
(残念ながら存じ上げませんが…)
落馬で目の周りに黒いあざが出来たり、顔に切り傷を負っていたらしい。

専門紙レーシング・ポストによると、救急車がこの後、横になっていたミーハンさんの近くに到着。
車をバックさせた際、同騎手の足に乗っかる形で停止する形となった。

ミーハン騎手が叫び声を上げ、周囲にいた関係者らが車を押すなどして足の上から離したという。
ミーハン騎手は「足の骨も折る」羽目に…。

皮肉なことに、ミーハン騎手の家族や親族には救急車勤務が多いそうで(汗)
レーシング・ポストの取材に「父や兄弟、おばは全員が救急車で働いている。父は北アイルランドやイングランドで救急車の運転の仕方を教えている」と。

今回の不幸の重なりに「信じられない」とこぼしていたらしい。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする