2016年 中京記念 予想&結果 あっぷる 

俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

はい、◎ガリバルディが本命的中、▲のケントオーも馬券圏内、
そして馬券的には…京記念予想は、

◎ ⑬ガリバルディ 1着(7番人気)
福永[2330]に好枠、調教に距離とコース以外は条件は揃った気がする。
人気も落ちそうで京都新聞杯以来だが重賞で一発が出てもいい頃。
1キロ減もプラスで鞍上に託す。

〇 ③スマートオリオン 9着(9番人気)
昨年の1~3着馬が出走してきたがどれも人気薄となってる状況。
そんな中、近走の成績に57.5キロが懸念されてると思うが、
この成績でハンデキャッパーが付けた斤量だけにプラスに考えてみる。
リピーターレースで唯一の不安はよりによって武(幸)J…一か八か期待する。

▲ ⑫ケントオー 3着(4番人気)
左回りが気になるが前走はマイルで圧巻の勝利。
道悪で激走!?の勘も未知だが今の馬場なら展開がハマりそう。
和田Jに脚をうまく貯めてもらい一発を期待する。

△ ⑧ダッシングブレイズ 10着(1番人気)
マイルに戻るのは明らかにプラスに斤量56キロは意外にも恵量では?。
鞍上ルメールJに強化、コースも2着2回、サマーマイルより秋のG1という
陣営はここで賞金を加算しにきたはず。期待する。

× ⑥トウショウドラフタ 12着(2番人気)
前走のG1NHKマイルカップで後手を踏みながらメジャーエンブレムに0.3秒差。
気性の部分で落ち着きさえあれば古馬に挑戦してきた陣営の結果が出るはず。
田辺Jと共に好結果を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は大外から豪快に突っ込んできた7番人気のがりバルディ、
2着はその内で先に抜け出した6番人気番のピークトラム、
3着は後方から突っ込んできた4番人気のケントオーでした。

我が本命の◎ガリバルディですが見事1着となりました!
スタート後はじっくり構えながら後方で待機。
4コーナー過ぎでまだ後ろ、直線を向いても後方3~4番手から
大外に持ち出した途端に爆発的な末脚で見事差し切り勝ち。
7番人気が不思議な馬でしたが、結果力はある事を証明しましたね。

馬券的には◎本命ガリバルディが入った瞬間に、
内にピークトラム…小牧Jが絶好調と言ってたのは十分理解してました。
ただ、2走前に変な使い方をしているダノンリバティに敗けてるのが気になり、
切ったのですがあさはかでした。ケントオーも持ってただけに、
先週に続き、本命的中で1頭ヌケ…しかも3連単9万弱。
久し振りに的中したかったですね。

相変わらず、人気薄の◎本命的中は調子が良いのですが、
3連単での的中とならず我慢の時が続いてます。

来週も的中に向けてまた頑張ります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

月収20万円のサラリーマンが、
いきなり月間収支プラス42万円。

つまり、月収62万円になったらどうなるかわかりますか?

手足がガタガタ震えると同時にドーパミンもドパドパ。

『嬉しいのに冷や汗が止まらない』

そんなわけがわからない感情になるのです。

これは競馬歴、三ヶ月の初心者の実話です。

「どうやって当てたのかって??」

↓ その方法は、、、 ↓
※無料公開中※

ところで、あなたは競馬を楽しめていますか?

・当たらないからつまらない。
・時間かけた予想が外れてげんなり。
・点数ばかり膨らんで、収支でマイナス。

こんな悩みを持っているなら、、、

一刻も早く止めましょうよ。

だって、そんな悩みを一瞬で吹き飛ばす方法は、
すでに存在しているのですから。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは、
競馬データを使った方法です。

■単純明快だから・・・
あなたは1分で予想ができます。

■的中必死だから・・・
あなたはもう一つ収入減を得られます。

■超高精度だから・・・
安定的に利益を狙えます。

その実力の高さは、的中率を見れば明らかです。

■───────────■
3連単 37.2%
馬単  58.3%
ワイド 81.9%
複勝  93.2%
単勝  83.3%
■───────────■

これだけの的中率があれば200%、300%の回収率は余裕。
プロ予想師も完全に従順する程の実力です。

この競馬データを使えば、
あなたの競馬生活は必ずや最高のものになるでしょう。

次はあなたが、体が震えるほどの興奮を体験をする番です。
↓↓↓
※無料公開中※

※宝塚記念(G1)のデータを無料公開中

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする