2017年 七夕賞(G3)【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の弐]

ここのポイントは何と言っても「トップハンデ馬」の取り捨てだ。
確かに、既に重賞2勝でココでは抜けた存在のあの馬。
しかもこれまで「ハナ」を譲ったことが一度もないとは恐れ入る。

そんなオレの予想は…。

◎[8番]ゼーヴィント
出走メンバーの中ではトップの安定感。
不安材料は脚部不安による休養明け初戦、しかも未だ万全とは言えないとか?
「泣きのコメント」から虎視眈々のパターンか。
乗り込みは十分すぎるレベル、期待の裏返しだ!

◯[2番]スズカデヴィアス
横山ノリも今日で騎乗3度目。
何故か同馬に乗ると、終いの脚を引き出すのが上手いようだ。
昨暮の金鯱賞(G2)は10着とは言え、上がり32秒8で勝ち馬ヤマカツエースと0秒7差。
前走の鳴尾記念(G3)は上がり33秒7でステイインシアトルの0秒3差だ。
阪神内回りでこれだけやれれば、福島でも対応可能だ!

▲[3番]フェルメッツァ
兄のフラガラッハ同様、奥手の血統のようだ。
前走の福島民報杯(OP)は今回と同じ舞台、好内容だった故に次走はココを目標に。
坂路、コースを併用して週2本の追い切りを消化。
普段、稽古駆けしない馬が動いてるぞ!

注[6番]ヴォージュ
当初、小倉記念(G3)を予定。
していたが、前走後の状態がすこぶる良いことからココに切り替え。
昨年末まで1600万でフラフラしてる状況だったが、年明けからガラリと変わった。
3歳時とは違い、子供っぽさも抜けてきた。
初重賞挑戦でも!

△[11番]マイネルフロスト
前走の鳴尾記念(G3)は勿体ない内容。
ゲートを伸び上がるように出た挙句、内々に閉じ込められて消極的な競馬しかできなかった。
もともと叩き良化型で休み明けの前走より息の入りも良く、状態は上がってきたと。
叩き3戦目で巻き返しの態勢!

【3連複5頭BOX】
[2番][3番][6番][8番][11番]

勝馬投票の購入および資金配分は自己責任です。
関連する事項によって生じた如何なる損害についても、当局は一切の責任を負いません。

結果は…。
1着 ◎[8番]ゼーヴィント
2着 △[11番]マイネルフロスト
4着 ◯[2番]スズカデヴィアス
5着 ▲[3番]フェルメッツァ
9着 注[6番]ヴォージュ

ソールインパクト。
ホント、余計なことしてくれるわ。

⑧⑪の馬連でも14.2倍か。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

3連単的中率をグンとあげる方法はコレ!

 <<徹底的に競馬に勝つ>>
 うまコラボの「コラボ指数」は
 3連単が3回に1回的中する実力。

この指数はあなたの競馬収支を
最速最短でプラスに変えるでしょう。
※無料公開中※
突然ですが、あなたに質問です!

3連単的中率をグンとあげる方法を考えてください。

パッと思いつくのはこんなところでしょうか。

1.競馬新聞を買う
2.競馬雑誌を買う
3.プロ予想家の予想を買う
4.点数を増やす
5.ゲン担ぎにカツ丼を食べる

きっとどれも正解です。
少なからず効果はあるでしょう。

でも、的中率に直結するような
もっとコスパがよく、
もっと効果的な方法が
あるとしたらあなたならどうしますか?

おそらく誰もが悩むことなく
その方法を選択するでしょう。

3連単的中率を劇的に変えるその方法。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

それは、
【コラボ指数を活用すること】です。
※無料公開中※

今あなたの頭には2つの「?」が
飛び回っているかもしれません。。。

【???コラボ指数ってなに???】

コラボ指数は、「スピード能力」「血統」、
「適性」、「統計データ」と
あらゆる要素を分析することによって、
3連単を3回に1回的中させる精度まで高めた指数です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【???なぜコラボ指数なの???】
その理由は、
圧倒的なコスパで圧倒的な的中率を
叩き出せる競馬データだからです。

具体的に言うと、
__________________

3連単が3回に1回的中する精度の指数が、  
わずか月額1980円で全レース見放題だから。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

コラボ指数を使えば、
あなたは予想する必要は一切なく、
買い目は1レース1分で出す事ができ、
点数は36点~60点(3連単の場合)で、
3連単が3回に1回的中させる事ができます。
その結果、猛烈なスピードで競馬収支が上がるでしょう。

今なら1日最大18レースの指数が無料で公開中です。
まずはコチラから無料登録して
その実力を試してみてください!
※無料公開中※

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする