【フェブラリーS2018】21年振りのG1制覇へ向け古川ジョッキーがテイエムジンソクと共にG1勝利となるか!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末はG1フェブラリーステークが東京競馬場で行われます。
今年のメンバーもかなり強力で、昨年のフェブラリーSとチャンピオンズCを
共に制覇したムーアJ騎乗のゴールドドリームや、
セン馬となり前哨戦の根岸Sで見事復活したノンコノユメ、
根岸Sを取消となりぶっつけとなってしまったがルメールJ騎乗のベストウォーリア、
川崎記念でG1・2勝となり勢いに乗るケイティブテレイブ、
4歳馬サンライズノヴァや横山(典)J騎乗のニシケンモノノフ、
距離が微妙そうなアウォーディー&サウンドトゥルー等々、
他にも狙えそうな馬が多くいる状況ですが、

充実期に入った、

馬名:テイエムジンソク(6歳・牡馬)
馬主:竹園氏
管理:木原師
父:クロフネ
母:マイディスカバリー
母父:フォーティナイナー
重賞勝利:みやこS(2017年)、東海S(2018年)

は、俄然注目の1頭となりますね。

デビューから竹之下Jが騎乗してましたが昨年の5月から古川Jに乗り替わり、
【5200】でみやこSと東海Sを勝利し、G1チャンピオンズCでは
1度は勝ったと思えたレースでクビ差の2着と好相性で強い競馬を魅せてます。

ただ、個人的に不安材料を敢えて挙げるとすれば…
初の東京コース、スタートが芝、初の1600mに加え、
鞍上古川Jがダートで4105回出走し252勝を挙げてますが
『東京ダート1600mで21戦0勝と勝ち鞍がない!?』のは以外…
※間違ってたらすいません^^;
これがどう影響するか?そんなのおかまいなしでG1勝利の悲願達成となるか!?
凄く興味津々なテイエムジンソクですね。

古川J自身、1997年の阪神3歳牝馬S(G1)で、

馬名:〇抽アインブライド(牝馬)
馬主:荒木美代治氏
管理:宮師
父:コマンダーインチーフ
母:セブンレットウ
母父:パーソロン
G1勝利:阪神3歳牝馬S(1997年)

に騎乗し、私には懐かしいアインブライドですが、
この馬でG1勝利した以来約20年強振りにG1奪取となります。
自身も意識してるでしょうね。

また運も味方してると思えてならないのが、
昨日13日に行われた小倉の7Rで斜行となり騎乗停止となり、
2月24日から3月4日までの開催4日間という事で、
一瞬フェブラリーS騎乗は…との事でしたが規定で、
先の期間になり乗れるという正に運も味方にしてる感じ。

前走の東海Sでもまだ余裕のある勝ち方で勝利しただけに、
自身のペースで不安材料がこなせれば…

どんな結果になるか本当に楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする