2018年 JBCスプリント(JpnI)予想&結果 あっぷる

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

また、3着馬が5番人気ともっと人気薄が来てほしいと思ったが甘くないか^^;
そんな私の予想は、

◎ ③キングズガード 6着(6番人気)
前走初の1200mでトップハンデながら上り2位で勝ち馬から0.4秒差の4着は収穫。
再度1200mとなり今度はG1とはいえ定量戦で叩き2戦目の上積みもある。
得意の京都【2202】で展開が向けば後方一気でズドンの一発を期待してみる。

○ ②ニシケンモノノフ 8着(10番人気)
正直鞍上も含め一か八か的な面が多いのだが昨年大井で行われた同レースの覇者。
今年は4戦目を終えたが毎度斤量を背負うのは酷だが狙うポイントは斤量の57キロ。
前走の復調気配といい条件も明らかに向くだけにこの斤量ならで巻き返しを期待する。

▲ ⑬レッツゴードンキ 5着(2番人気)
ダートは過去2戦してJBCレディスクラシックで2着とフェブラリーSで5着の実績。
勝ち星はないももの強敵相手に経験の浅い同馬は適性を感じてならない。
ましてやレディスクラシックではなくスプリントを狙ってきた陣営の意向に期待する。

△ ⑥グレイスフルリープ 1着(4番人気)
前走東京盃ではテン乗りのルメールJで3着と勝ち馬に0.2秒差とまずまずでは。
舞台は中央の京都【1317】に替わり継続騎乗のルメールJも癖は掴んだはず。
勝ち切るはともかく今のルメールJなら馬券圏内でこそ期待したい。

× ⑤マテラスカイ 2着(1番人気)
前走の18キロ増は陣営も予想外の誤算だったはずで結果は4着と力は魅せた。
武(豊)Jとは6走前からコンビを組み【4002】で掲示板は常に確保の安定ぶり。
叩き2戦目で2走前のレコードでインカンテーションに4馬身差の圧勝劇ならここでも。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、
俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は2番手から直線ゴール前できっちり差した4番人気のグレイスフルリープ、
2着はマイペースから押し切ろうかと逃げ粘った1番人気のマテラスカイ、
3着は直線馬場の真ん中から抜け出した5番人気のキタサンミカヅキでした。

我が本命の◎キングズガードですが結果6着となりました。
スタートはちょっと出負けした感じですが最後方の内から追走する形となりました。
直線では馬場の真ん中から脚を伸ばすも前が途中開かずに内に進路を取り
更に脚を伸ばしたのですが後ろ過ぎましたね。脚色はかなり良かっただけに残念でした><

馬券的にはまたルメールJですか…と、瞬時の判断でペースを読む事が凄い長けてるんでしょうね。武(豊)Jの逃げを捕まえるのですがからもう完敗ですね。
私も1、2着は穴党ながら1、2番人気で入れてはいますが3着にもっと人気薄を…と、
狙ったのですがキングズガードはやや出負けの最後方からにニシケンモノノフは
横山(典)Jはやる気があったのかとどこへ消えたのでしょうか?という感じでした。
3連単2万円つけば上々のレースですね、残念です。

来週はG1エリザベス女王杯が開催されますが今度こそ的中に向けて頑張ります!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする