【POG】キズナ産駒で母ルシュクルの2017となるビアンフェの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

コチラは6月の半ばくらいの函館開幕週を狙ったデビューとなりそうですが、
父はキズナで母はルシュクルの2017となるビアンフェをご紹介したいと思います。

馬名:ビアンフェ(2歳・牡馬)
馬主:ノースヒルズ
管理:中竹師
父:キズナ
母:ルシュクル
母父:サクラバクシンオー
デビュー予定日:2019年6月16日(日) 函館 芝1200m
鞍上予定:藤岡(祐)ジョッキー

母のルシュクルは2歳のすずらん賞(IOP)を勝った快速馬で、重賞はファルコンSの3着が最高でした。が、繁殖に上がった後の成績はなかなかで、初仔のディープインパクト産駒ブランボヌールは函館2歳SにキーンランドCの重賞2勝で引退、繁殖へ。3番仔のディープインパクト産駒エントシャイデンは、今週末のG1安田記念に参戦と3連勝でOPへ上がった実績を持ちます。そして昨年デビューしたアフランシールは、父がハーツクライ産駒となりましたが新馬勝ちと子の勝ち上がり率は高い。

となると、この5番仔となるビアンフェは父父がディープインパクトとなる新種牡馬のキズナ。当然新種牡馬で未知ではありますが、血統背景からはキズナの種牡馬としての期待度は高いはず。ブランボヌール、アフランシールが函館でデビューし共に新馬戦快勝と、洋芝のスプリント戦を狙ったかの様な函館の開幕週でデビュー予定。鞍上も徐々に力をつけてきた藤岡(祐)Jなだけにここは楽しみ。

ただ、個人的に気になるのは距離で、兄弟がスプリント傾向でキズナの血でマイルくらいはこなせる適正になってくれてるとG1のNHKマイルCを狙うなど、今後の幅も広がりますが果たしてどうでしょうか?

さてさて、調教も順調の様ですしどんな結果を出すか非常に楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする