【POG】ディープインパクト産駒で母ミスパスカリの2017となるミヤマザクラの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

いやぁ、まさかのディープインパクトが安楽死という事で競馬業界でも大きく揺れてる状況ですが、この馬名から金子氏所有馬とも想像してませんでした。父はディープインパクトで、母ミスパスカリの2017となるミヤマザクラを紹介したいと思います

馬名:ミヤマザクラ(2歳・牝馬)
馬主:金子真人ホールディングス
管理:藤原師
父:ディープインパクト
母:ミスパスカリ
母父:ミスターグリーリー
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

父はディープインパクトで先日頚椎骨折で安楽死という訃報が飛んできました。クラシック3冠馬やその他G1を獲り、種牡馬としてはサンデーサイレンスの後継と大活躍をしてた中で種牡馬生活を一旦休止してましたがまさかの17歳という若さで…。これでキングカメハメハも種牡馬生活を引退し2大巨頭がこの短期間でいなくなります。もちろんディープインパクト産駒の後継種牡馬も多数いますが、競馬界に大きく貢献しましたね。心よりご冥福をお祈りします。

そのディープインパクトを所有していた金子氏の馬が虎視眈々とデビューに向け順調に調整されてます。母はミスパスカリで、金子氏自身の所有馬で国内デビューをし、通算22戦3勝でマーメイドS3着の実績はあるが、1000万下勝ち馬で引退、繁殖へ上がりました。

仔の代表産駒としては2007(父ディープインパクト/牝馬)のウィンターコスモスが未デビューも、繁殖牝馬としてグリュイエールやアイスバブルを出しました。また、2013(父ディープインパクト/牡馬)のマウントロブソンはスプリングSの重賞勝ち、2014(父ディープインパクト/牡馬)ポポカテペトルは重賞勝ちはないものの菊花賞3着とG1に手が届きそうな血統ですね。

そんな中、2017のミヤマザクラがミスパスカリから初ディープインパクト産駒で牝馬です。そしてまさかハワイ絡みの馬名が多い金子氏が“ミヤマザクラ”ですか。この馬名から金子氏とは全く想像できませんでしたが預託先は藤原師と期待度が伺われますね。現在はゲート試験に向け調整されており、デビューはまだという感じですが先々が楽しみな1頭。

そろそろG1馬が出てもおかしくない血統と思ってますが果たしてどんな結果を出すか?そしてディープインパクトの分も頑張って活躍してほしいですね!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする