【POG】キズナ産駒で母ショウナンマライアの2017となるショウナンハリマオの3歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

若駒S勝ちのケヴィンの離脱は残念ですが、京成杯(G3)勝ち馬を排出と産駒が頑張っています。その父はキズナで母ショウナンマライアの2017となる、ショウナンハリマオを紹介したいと思います。

馬名:ショウナンハリマオ(3歳・牡馬)
馬主:国本哲秀氏
管理:国枝師
父:キズナ
母:ショウナンマライア
母父:クロフネ
デビュー予定日:2020年2月15日(土) 東京 芝1800m
鞍上予定:田辺ジョッキー

父はキズナと昨年はビアンフェが函館2歳Sを早々に勝ち幸先良いスタートから一点…ファンタジーSで3着クリアサウンド、そして阪神JF(G1)で2着のマルターズディオサが2着と好走するも勝ちきれない状況でした。が、今年に入り1戦1勝の新馬勝ちから挑んだクリスタルブラックが、7番人気の低評価を覆し評判馬のスカイグルーヴを豪快に差し切って京成杯(G3)で重賞初勝利を飾りました。また、残念だったのは若駒S(L)勝ちとなったケヴィンがまさかの骨折で離脱は無念…ですが、前者のクリスタルブラックはコントレイルやサリオス(NHKマイル?)等を相手になりますが、未知の魅力で期待したいくなります。

そして母のショウナンマライアですが、クロフネ産駒で新馬戦は2着となるも以降活躍できずの通算12戦0勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活は…ディープインパクト、キングカメハメハ、アドマイヤムーン等などを有力種牡馬を配合するも活躍馬が出ず。唯一2011でショウナンカンプを配合したショウナンワダチ(牡馬)がデビュー2連勝で後の重賞2勝馬となったロサギガンティアをベゴニア賞(500万下)で破り期待されましたが、デビュー3戦目で挑んだ朝日杯FS(G1)が6着、その後NZTで2着が最高も活躍できずという感じでした。

そんな中、2017はキズナを配合されたショウナンハリオマが今週土曜のレースでデビューが決まりましたね。デビューがここまで遅れてしまい正直そこまで注目はされてない!?様ですが、預託先は国枝師。調教も元気で、距離がそれなりに融通も利きそうとの事ですね。また、生産が青藍牧場とフーラブライドを出した牧場さんでそれ以上の活躍を期待したいし、応援もしたいところ。

同レースにはルメールJ騎乗のウインターコスモスの2017となるアルベロベッロや石橋(脩)J騎乗のワッツダチャンセズの2017となるロッタチャンセズ等がいますが、ゲートインが決まっただけに良い結果がでるといいですね!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

  • うまとみらいと 本命党も穴党も必ず満足できる

    どんな予想スタイルにも完全対応。
    競馬予想に必要なものはココに全てあります
    毎週平均200名以上がプラス収支を達成している

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました