2020年 金鯱賞(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 G2レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切った、ラストドラフトが飛びましたね^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑦ギベオン 4着(7番人気)
中日新聞杯勝ちなだけにこの距離はこなせるのだろうが後のレースから距離はやや半信半疑。ただ、4走前の鳴尾記念(G3)で魅せた内容があのメールドグラース相手に0.3秒差の4着で何とかなからないか。今回はG2でやや荷が重そうな気は刷るものの福永Jに馬券圏内で期待してみたい。

○ ⑤サトノガーネット 11着(5番人気)
2走前に中日新聞杯(G3)で重賞初勝利となったが前走日経新春杯(G2)で6着も距離の長さが気になった。鞍上が岩田(望)Jとテン乗りも人気が落ちるのは間違いないはずなら配当妙味として気になる。ラストドラフトに末脚と着順でも勝った実績から好走を期待する。

▲ ⑨ブレスジャーニー 9着(9番人気)
前走OPで3着もこのメンバーではさすがに人気は落ちる気がしている。ただ、初の中京コースも直線の長い東京では重賞2勝の実績もあり、掲示板の確保率も高い。鞍上がシュタルケJからテン乗り松若Jから展開が向けば馬券圏内として期待する。

△ ⑩ロードマイウェイ 10着(2番人気)
5連勝で前走G1のチャレンジCを制した同馬が6連勝を狙い更に格上のG2に挑んできた。トリオンフやサトノアーサー、アガラスと骨っぽい馬を相手に前とは違う後方からの戦法で結果が出てるのは事実。鞍上も川田Jを確保し新たな面も期待しつつ好勝負を期待する。

× ⑥サートゥルナーリア 1着(1番人気)
天皇賞・秋(G1)で6着に破れた時には力が及ばないと判断し、続く有馬記念(G1)で切るも2着と好走。その上位陣がこぞって出走しないG2戦ならここは最大のチャンスではなかろうか?鞍上もルメールJに戻り、ベストと思える距離に戻り好勝負まで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線であっさり抜け出し余裕を魅せた1番人気のサートゥルナーリア、
2着は馬場の真ん中で後ろから追い込んできた8番人気のサトノソルタス、
3着はマイペースの逃げから粘走を魅せた6番人気のダイワキャグニーでした。

我が本命の◎ギベオンですが結果4着となりました。スタートは、ポンと出れ先ずは一安心でポジション取りへ。1角入り口までジワリジワリと前に出て内の3番手で追走する形になりました。道中は折り合いもつき4番手になってましたが位置取りが変わらず勝負どころへ。直線入り口では1番人気サートゥルナーリアが並んできたところで直線へ。最内に進路を取り、ここは絶好の手応え!と思ったが何をしてるんでしょうか福永Jは…進路が塞がり外へも出せず、結果的に脚を余すという残念な騎乗となりました。

馬券的には、勝ったサートゥルナーリアはもう語ることは特になく今年は本当に飛躍の年になりそうですね。そしてマイペースで逃げた3着ダイワキャグニーはやはり単騎逃げが持ち味を引き出しますね。やられたのはサトノはサトノでもガーネットではなくソルタスの方。8番人気の低評価を覆す、一発となり穴を開けたと思いましたが3連単の配当が14,440円!?。サートゥルナーリアが一本かぶりでこれは配当的にも穴党には厳しいレースでした。

来週は桜花賞へ向け大事な一戦となるフラワーC(G3)と、皐月賞へ向け大事な一戦のスプリングS(G2)、更に天皇賞・春へ向け大事な阪神大賞典(G2)が開催されます。今回まともに予想できなかった分、次週はきっちり巻き返したいと思います。的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました