2020年 京都新聞杯(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果G2レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切った鞍上不調のファルコニアが3着にきちゃいました^^;
そんな私の予想は、

◎ ③シルヴェリオ 13着(6番人気)
デビュー前は俄然期待した良血馬の1頭だったが4、4、1、6着と1勝馬の身で日本ダービーどころではない戦績。ただデビューから3戦連続1番人気に支持された未勝利では2着に4馬身差をつけ完勝。前走は集中力を欠いたとの事で6着だったが、今回は、初ブリンカー着用に鞍上は福島ながらリーディングに輝いた西村(淳)Jの勢いと共に期待してみる。

◯ ⑬プレシオーソ 12着(5番人気)
デビューから2戦2勝で無敗もダートであり、初の芝挑戦がこのG2戦を選んだ陣営だが期待の方が大きい。そもそもデビューが3月とこの時点で芝の新馬戦がなく、致し方ないダート戦で勝ち前走も余裕の手応えで逃げ切り勝ち。初芝は未知も、力の要る中山で2勝、そしてセンスもあり距離延長はプラスとみて馬券圏内で期待する。

▲ ⑫サペラヴィ 8着(9番人気)
前走は道中掛かったり直線モタれたりの中で且つ不良馬場で着順は4着も勝ち馬には1.7秒も離された。が、5走前に後の青葉賞勝ちのオーソリティに0.3秒、そして皐月賞4着のウインカーネリアンにタイム差なしの3着、更に4走前は後の共同通信杯馬ダーリントンホールにタイム差なしの3着の実績なら。期待してみる。

△ ⑪マンオブスピリット 2着(3番人気)
デビュー戦がマイルの重馬場で勝ち馬サトノインプレッサに1.2秒も離された5着は、距離不足と感じた一戦。その後1800mとなった未勝利、つばき賞で連勝、特に前走は前残りの展開から後方から強引に差し切った。まだ馬体に緩さがある中であの結果、そして更に距離延長はプラスだが試金石の一戦は間違いないが好走を期待する。

× ⑧アドマイヤビルゴ 4着(1番人気)
デビュー2連勝中で6億円弱の超良血で超高額馬が日本ダービーに向け好結果を出したいところ。新馬戦は後のフローラS(G2)で3着のフアナを押さえ込み、前走若葉S(L)では2着に2馬身以上離しての勝利。鞍上は新型コロナ期間は他場に乗れない規則から藤岡(康)Jに白羽の矢が立ったが素直に好勝負を期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線馬群を割って突き抜けた4番人気のディープボンド、
2着は勝ち馬を後方外から追い詰めるべく頑張った3番人気のマンオブスピリット、
3着は最内を突いて脚を伸ばした2番人気のファルコニアでした。

我が本命の◎シルヴェリオですが結果13着となりました。3ヶ月の休み明けですがブリンカー効果に期待している私でしたがスタートは、スッと出れましたが二の足が思ったよりつかずも強引に内から先頭へ!?は想定外。道中は結構ハイペースと思わせた逃げで2番手を引き離しての逃走。折り合いはついてる感じでしたが、徐々に後ろが追いついてきた中で直線へ。やはり…と思いましたが、もう余力がなくなりズルズル後退という形になりました。

馬券的にはアドマイヤビルゴは飛びますか…6億円弱の馬が…結果こうなってしまいますか。そして穴党の出番はなかったですか…と思ってるのですが、3連単の配当が4万円弱!?、それだけアドマイヤビルゴが被ったという事ですが、ビルゴはこのメンバーでは正直負けすぎかと。。。しかディープボンドが京都コースで巻き返しましたが、和田Jもさすがという乗り方でしたね。ただあのペースはさすがに厳しかったですが、あそこまで飛ばしてしまった西村Jを選んだ私が悪いですね。

明日はG1のNHKマイルCと新潟大賞典ですね。的中から少し遠ざかってる予想ですが、NHKマイルCは人気馬も切ってますし、G1という事もあり是非的中したいところ。頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました