2020年 プリンシパルステークス(L) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果OP以下レース

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったアリストテレスはともかく切ったポタジェがきちゃっては…^^;
そんな私の予想は、

◎ ⑤ウシュバテソーロ 4着(8番人気)
デビュー7戦目にしてようやく未勝利を脱出した同馬だが、全て掲示板を確保と上がり3位以内という堅実さ。また前走が2400mnの2着に1馬身つけただけに、京都新聞杯の2200mへ参戦と思いきやこの2000mのここへ。距離は気になるものの東京【1010】なら、中団辺りから流れていけば…一発期待する。

◯ ⑪スマートクラージュ 8着(5番人気)
新馬戦は2着もヨレ等で再審査、そして迎えた前走がノーステッキで2馬身1/2差をつける勝利。G1のNHKマイルCにも登録してた程だが、母系から気になる距離2000mのコチラに挑んできた。未勝利を勝ったばかりの同馬だが潜在能力、そして単騎逃げも見込める今回は馬券圏内で期待してみる。

▲ ①ビターエンダー 1着(2番人気)
前走14着に敗れた皐月賞だったが、稍重馬場が堪え力を出しきれてないというのが私なりの見解。今回は5戦で1勝と唯一の勝ちが良馬場が期待できるのはプラス、そして陣営は賞金的に微妙なラインならば、得意の東京で勝ってダービーへという思いが伝わり、状態も良くここは好勝負を期待する。

△ ⑦スレプトン 9着(6番人気)
新馬戦が勝ち馬とハナ差2着、2走目が1番人気に支持されるも勝ち馬に0.3秒差の4着と結果を出せず放牧へ。そして前走ルメールJに乗り替わり、また調教でもまだ微妙と思われた状態での2着に2馬身1/2差をつけ圧勝。ジョッキーの大切さを改めて感じた一戦だったが、最速の上がりを繰り出した舞台で好走を期待する。

× ⑥サトノフウジン 5着(1番人気)
東京で3戦2勝ながら1度負けたセントポーリア賞が、スローペースでも折り合いがついてたがいかんせん後ろ過ぎ。結果的に上がり2位の脚を繰り出しながらも前残りで届かず9着は参考外。今回は鞍上レーンJとペースが読めるJだけに、状況によっては前走の様に前でも。陣営も日本ダービーへの出走権を狙って仕上げてるはずで期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着は直線馬場の真ん中から脚を伸ばした2番人気のビターエンダー、
2着は勝ち馬の外から鋭い脚を伸ばすも届かず3番人気のポタジェ、
3着はジリジリで粘走りを魅せた10番人気のディアセオリーでした。

我が本命の◎ウシュバテソーロですが結果4着となりました。スタートはすんなり出たもののヨレて横の馬にぶつかりながらも立ち直しました。道中はまさかの後方2番手で前を追走する形になり、その位置取りは…と思うも折り合いもつき前との差を詰めて馬群後方へ。直線手前で外へ出し大外の後方から追い上げる形で、かなり良い脚で伸びましたがいかんせんあの位置取り。結果的に前にいる馬で決まってしまった中での4着は立派ですが、後方の馬には厳しい状況でした。

馬券的には…サトノフウジンは仕掛けが早く感じ、スレプトンは話にならず。勝ち馬ビターエンダーはポタジェの追撃を押さえ込みダービーへの切符を手に入れました。終わってみれば、逆の京都新聞杯は皐月賞10着のディープボンドがそしてこのプリンシパルSでは皐月賞14着のビターエンダーが…と、共に皐月賞負け組が勝ちました。となると、本番は益々コントレイルが…^^;。で、すいません予想は情けない事に残念ながらまたハズレました。3連単64,540円と好配当ですが、ディアセオリーは前走のあの展開を内から脚を伸ばしたのは気になってはいたが、手が出なかった…競馬は難しいな。。。

明日はNHKマイルCと新潟大賞典が開催されますが、やはり注目はNHKマイルC。また人気馬を切ってるので来たら仕方ないという感じですが、目移りするメンバーの中で好配当を狙えたらと思っています。今度こそ的中に向けて頑張ります!

タイトルとURLをコピーしました