【POG】モーリス産駒で母トップセラーの2018となるテンバガーの2歳情報

POG POG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

まさかの…と言っては失礼だが、ルメールJが騎乗は驚きだが、それが走るという事か!?父はモーリスで母トップセラーの2018となるテンバガーをご紹介したいと思います。

テンバガーのプロフィール

馬名:テンバガー(2歳・牡馬)
馬主:G1レーシング
管理:藤岡(健)師
募集額:3,600万円
父:モーリス
母:トップセラー
母父:スペシャルウィーク
デビュー予定:2020年6月28日(日) 阪神 芝1800m
鞍上予定:ルメールジョッキー

14戦0勝のモーリス産駒だが…そろそろか!?

父はモーリスとこの世代からの新種牡馬。期待度が高くブエナベントゥーラやレガトゥス、カランドゥーラ、ドナウエレン等など超良血馬も含め既に14頭がデビューをしたが…現時点ではまさかの0勝。さすがに今週は…と思う私ですが、モーリス自身4歳から一気に勝ちだしただけにやや成長が遅いという事だろうか?まだサンプルが少ないだけに何ともだが、今後の産駒の活躍は気になるところですね。

母から活躍馬が!とは言えないが、クロスセルは無念…

また、母のトップセラーですがスペシャルウィーク産駒で現役時代は新馬勝ちをするも、その後の活躍はできず通算16戦3勝で引退し、近親には青葉賞(G2)勝ちのアドマイヤメイン等がおりそのまま繁殖へと上がった感じですね。その繁殖生活ですが、残念ながらコレと言った仔は出ていませんが2017のルーラーシップを配合したクロスセル(牝馬)が、新馬戦は6着も2歳未勝利→水仙賞と現在2連勝中から軽度の骨折で離脱は無念。

鞍上ルメールJを背にデビューへ

そんな中、モーリスを配合されたテンバガーがルメールJを背にデビューを迎えようとしています。しかも28日の阪神芝1800mとこのレースには先日紹介した北村(友)J騎乗のダノンザキッドと、福永J騎乗のアレクサンドロスに武(豊)J騎乗のマッチレスギフト、更にレーンJのパタゴニアも参戦予定。かなり注目の一戦になりそうでこのメンバーを相手に自身アリという感じでしょうか。

預託先は藤岡(健)師で2017はグランデマーレの離脱は痛かったが、アメリカンシードで皐月賞へ出走に漕ぎ着けました。またG1レーシングから短距離期待のクレイスが5戦0勝で結果を出せてない状況は気がかり…とは言え、調教も動いてますし鞍上はルメールJとなれば、後はモーリスの子としてどんな結果が出るか!?。非常に興味をそそられる一戦ですね。本番が楽しみです!

ブログランキング参加中!

俺の当たる競馬予想はブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています。
中央競馬 ブログランキング
このバナーをクリックしてもらえると励みになります!

今週のオススメサイト

うまとみらいと

本命党も穴党も必ず満足できる

どんな予想スタイルにも完全対応!
競馬予想に必要なものはココに全てあります。
毎週平均200名以上がプラス収支を達成している!

POG
フォローする
俺の当たる競馬予想
タイトルとURLをコピーしました