2020年ラジオNIKKEI賞(G3) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果 あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想サイトのあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったサクラトゥジュールは飛んでくれたが…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ ③アルサトワ 7着(6番人気)
2走前の若葉S(L)で4着となった以降、休養後の前走は良血ポタジェを相手に1馬身3/4差をつけ勝利と成長を感じた。そのポタジェはプリンシパルS(L)でタイム差なしのクビ差2着、から昨日生田特別で2着以下を離しての2勝目を挙げた。同型の兼ね合いは気になるものの田辺Jの手腕も加味して期待してみる。

◯ ⑩コスモインペリウム 12着(9番人気)
未勝利を勝った以降厳しい結果が続いてたが、距離延長した3走前から鞍上も武藤Jに乗り替わり3、2、1着。また、上がり最速が2回に3位が1回とかなり手があってる印象。特に2走前は今回人気のグレイトオーサーに0.2秒差の2着と屈したが、上がりは最速でまんまと逃げ切られた展開では厳しかった。人気が落ち配当妙味と馬場悪化で期待する。

▲ ②ディープキング 3着(5番人気)
新馬戦からひょっとすると馬場が!?というのもあるが、やはり戸崎Jの52キロで3歳馬同士なら魅力。近2走は1、2着で共に最速の上がりを魅せたし、廣崎氏×藤原師×戸崎JのラインはG1・3勝のストレイトガールを思い出す。徐々に力を付けて唯一ディープインパクト産駒で一発を期待する。

△ ⑨パラスアテナ 4着(1番人気)
デビュー2戦がダートで2、4着から芝替わりし一気の2連勝ち牝馬が相手のレースだったが好内容。また、2走前には福島コースで勝ち前走の東京も含め2戦連続で最速の上がりも使えている。そして武(豊)Jが52キロの斤量馬に騎乗なら、それだけの価値があるのかも!?。期待する。

× ⑧グレイトオーサー 10着(2番人気)
デビューが4月と遅く、初戦が既走馬相手に8番手から最速の上がりで2着にクビ差も差し切り勝ち。続く1勝クラスが7頭の少頭数だが、まさかの“逃げ”からそのまま押し切り2着に1馬身差をつけ2連勝中。今回はメンバー的に中団から差し切る競馬をすると想定しているが、素直に期待する。

の、3連単5頭BOX60点の勝負でしたが、俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

上位馬のレース結果

1着は代打騎乗で強い競馬でまんまと逃げ切った8番人気のバビット、
2着は勝ち馬を追いかけるべく直線早めに出た7番人気のパンサラッサ、
3着は馬場の真ん中後方から追い込んだ5番人気のディープキングでした。

我が本命馬がもっと前で競馬するはずが…

我が本命の◎アルサトワですが結果7着となりました。同型の兼ね合いが気がかりだが内枠を生かしてスタートを決めて欲しいと願いましたが、好スタートから逃げ切れると思いきや…最内の同型馬が先頭へ。1角では2番手で競馬をする事になり、折り合いは付いてましたが道中まさかのグレイトオーサーが前に行き3番手へ。そこから前に馬が集まり勝負どころで内の5番手で追走は想定外のまま直線へ。一瞬後退すると思ったが、そこから再度伸びたのは力を感じましたが7着まで。残念ながらスタートが肝心でS後の位置取りが厳しかったですね。

連発の想定外炸裂…

馬券的にはまさかの好相性武藤Jの落馬で柴田(大)Jに乗り替わりは参りましたし、団野Jが内田Jへ鞍上強化が想定外、重馬場想定が稍重回復も想定外、よもやのグレイトオーサーがパドックで怪しいのも想定外が続きスタート前に既に嫌な予感も見事的中www。こんな時はだいたいハズレますよねwww。うーん、3連単173,020円馬券でコチラも波乱となり、当てれなかったのはホント悔しい。。。残念ながらここまで荒れるのが想定できなかったのが全ての敗因です。

来週は七夕賞(G3)とプロキオンS(G3)ですね。特にプロキオンSの方に骨っぽいのが揃ってるだけに、楽しみにしている私です。

タイトルとURLをコピーしました