【POG】モーリス産駒で母マジックタイムの2018となるアメイジングタイムの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

G1馬のロゴタイプやレッツゴードンキを破った母の初仔ですね。父はモーリスで母マジックタイムの2018となるアメイジングタイムをご紹介したいと思います。

アメイジングタイムのプロフィール

馬名:アメイジングタイム(2歳・牡馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:友道師
募集額:4,000万円
父:モーリス
母:マジックタイム
母父:ハーツクライ
デビュー予定日:2020年12月26日(土) 阪神 芝1800m
鞍上予定:藤岡(康)ジョッキー

新馬2頭勝ち上がりも、カイザーノヴァがG1で8着…

父は新種牡馬のモーリスとなり、先週この2018世代では新馬戦でアールバロンとタイソウが勝ち上がり、特に後者のタイソウは2着に3馬身差を付けての事で今後が楽しみ。また未勝利戦での勝ち上がりはありませんでしたね。また先週のG1朝日杯FSでは産駒としてクローバー賞(OP)勝ちで筆頭格のカイザーノヴァが挑むも8着に終わり結果を出せず…新種牡馬として勝数としては頑張ってますが重賞勝利に手が届くのが遅いのはモーリス自体晩成の血だけに!?…今後が楽しみな半面、気にもなりますね。。。

G1馬を破って重賞勝ちの母

母はマジックタイムでハーツクライ産駒ですね。現役時は、ダービー卿CT(G3)ではロゴタイプを破りシュタルケJを背に勝ち、その後はターコイズS(G)ではレッツゴードンキを破って勝ちましたが、ファンとしては阪神JF(6着)とクイーンC(2着)で騎乗した後藤Jの印象が一番強く残ってますね。結局通算23戦6勝ながらG1には手が届かずでしたが引退し、繁殖へと上がりました。その繁殖生活ですが2018が初仔となり後ほどご紹介したいと思いますが、2019はロードカナロア、2020はモーリスを再度配合されてるという事でモーリスとは相性が良いのかな?という印象。

初仔で小柄だが…

そんな中、新種牡馬のモーリスを配合したアメイジングタイムが今週末デビューを予定としております。預託先は初仔という事もあり母のマジックタイムを管理した中川師と思いきや、トップトレーナーの友道師という事で陣営の期待度は高そうですね。またデビュー予定は阪神芝1800mを藤岡(康)Jで予定されており、母マジックタイムも芝1800mでデビューでしたね。ゲート試験を落ちた様ですしちょいゲート難があるのか?ですが、友道師という事で修正してくれるはず。個人的には初仔で且つ小柄というのは気がかりだが、何よりこの血統はかなり晩成型な気もするのは気の所為か?。何れにせよこの時期にデビューできるというのは、GOが出たという事でしょうし好結果を期待したい。

そして後藤Jが騎乗した馬ですし、是非頑張って欲しいですね。どんな結果を出すか楽しみです!

タイトルとURLをコピーしました