【POG】レッドスパーダ産駒で母ラユロットの2019となるバーマンの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

個人的に開幕週でデビューを迎えるとは思っていなかった1頭ですが、鞍上が鞍上だけに新馬勝ちも!?。父はレッドスパーダで母ラユロットの2019となるバーマンをご紹介したいと思います。

バーマンのプロフィール

馬名:バーマン(2歳・牡馬)
馬主:多田信尊氏
管理:藤沢(和)師
父:レッドスパーダ
母:ラユロット
母父:エンパイアメーカー
デビュー日:2021年6日6日(日) 東京 芝1400m
鞍上:ルメールジョッキー

サンデーの血がない種牡馬で…

父はレッドスパーダとなり先週の2018世代では、未勝利戦及び古馬でも勝鞍はありませんでした。まぁ、そもそも産駒数が少なく全体での重賞戦でも2017のソウルトレインが東スポ2歳S(G3/8着)、NZT(G2/5着)、NHKマイルC(G1/10着)と頑張ってはいるものの未だに産駒成績は厳しい状況です。そして現状2019世代では18頭が登録されてます。サンデーサイレンスの血が入ってない種牡馬ですし、良い繁殖牝馬に恵まれれば活躍馬が出てきてもおかしくないのでは!?と思うが、活躍馬が出てくる事を願いたい私です。

母にはモレイラJやルメールJが…

母はラユロットなり、エンパイアメーカー産駒ですね。現役時は、デビュー戦、未勝利戦とモレイラJが騎乗し共に2着ではありましたが見せ場十分。その後も引退までにルメールJが多数騎乗する事もあり、芝・ダ共に勝鞍を増やしつつ、ここから大きなところ!と思ってた矢先の、主な活躍は出来ないまま通算10戦3勝で引退し繁殖へと上がりました。今後の繁殖も見据えての引退という感じでしょうか。その繁殖生活ですが、この2019が初仔となります。

藤沢師×ルメールJだが…

その初仔はバーマンと名付けられ、レッドスパーダを配合され今週末デビューが決まりましたね。個人的には父がマニアックだな…と思いつつも、産駒数が少ない種牡馬は応援したくなる性格の私。預託先は馬主の多田氏からは確率が高い藤沢(和)師、そしてデビュー戦が6月6日の東京芝1400mで、鞍上ルメールJで出走が確定しています。開幕週で余計に引っ張りだこであろうジョッキーを配しての早期デビューとなれば、もちろん好結果も視野に!?。ライバルは、川田J騎乗のティーガーデンマニカルニカ、ストロングリターン産駒の戸崎J騎乗サトノストロングも面白い存在になるでしょうか。骨っぽいのが揃った印象ですが、どんな結果になるか楽しみですね。

タイトルとURLをコピーしました