【POG】ハービンジャー産駒で母ディアデラノビアの2019となるグランディアの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

懐かしや…この母から大好きだったあのK.デザーモJを思い出すのは私だけだろうか!?。父はハービンジャーで母ディアデラノビアの2019となるグランディアをご紹介したいと思います。

グランディアのプロフィール

馬名:グランディア(2歳・牡馬)
馬主:キャロットファーム
管理:中内田師
募集額:5,600円
父:ハービンジャー
母:ディアデラノビア
母父:サンデーサイレンス
デビュー予定日:2021年7日11日(日) 小倉 芝1800m
鞍上予定:川田ジョッキー

次の新馬勝ち馬は…

父はハービンジャーとなり、先週の2019世代では新馬戦と未勝利戦共に産駒の出走がなかった?感じでしょうか。以前に比べ産駒の勢いが衰えてる印象ですが早い段階で次の新馬勝ち馬が欲しいところ。因みに2019世代として現時点では、新馬勝ちをしているクルミナルの仔アライバルが今後に楽しみを持たせる強い内容でしたし、気持ちは逸るが次走は…札幌2歳S(G3)辺りでしょうか?産駒の活躍を期待するべく、今後のレース内容と結果を楽しみにしたいところです。

G1・3着2回も、重賞3勝の母、そして仔から重賞馬2頭

母はディアデラノビアでサンデーサイレンス産駒ですね。現役時は、オークスで後の名牝&名繁殖牝馬となるシーザリオが勝ったレースながら、2着エアメサイアの3着となりました。私の好きな外国人JのデザーモJが騎乗したのが今でも忘れられない一戦です。また、その他G1ではヴィクトリアマイル&エリザベス女王杯で共に3着と好走もG1には手が届かなかったが、フローラ賞(G2)に京都牝馬S(G3)、愛知杯(G3)の重賞3賞馬となり、通算25戦5勝で引退し繁殖へと上がりました。その繁殖生活の代表産駒は2010のディアデラマドレ(父キングカメハメハ/牝馬)が重賞3勝、そして2013で全兄ドレッドノータス(父ハービンジャー/セン馬)が重賞2勝を挙げる活躍。以降中々活躍馬が出ていませんが、そろそろ…か!?

中内田師×川田ジョッキーでスタンバイ

そんな中、ハービンジャーを配合された11番仔のグランディアが今週末デビューを迎えようとしています。預託先は勝手ながらドレッドノータス管理の矢作師かな?と思いきや、この血統で初預託の中内田師と気になる気性面をうまくカバーするべく新味を期待したいところ。そして調教も順調にこなしてるという感じですが、デビューは11日の小倉芝1800mを鞍上川田Jが予定となってるのは心強いですね。大舞台で結果を出し、母から初のG1馬が誕生となれば最高な結果ですね。さて、まずはデビュー戦でどんな結果を出すか楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました