【スプリンターズS(G1) 2021】レシステンシアVSダノンスマッシュで決まる!?、そして穴馬は!?

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は、秋競馬となり中央で最初のG1、スプリンターズSが中山競馬場で開催されます。カレンモエやヨカヨカ、そしてレイハリアが相次いで引退や回避となったのは残念ですがそれでも好メンバー揃った印象。3歳勢の勢いもあり、週末への台風の影響で馬場を考慮すると大混戦と想定していますがどの馬が勝つか楽しみんですね。そんな中、勝手ながらピックアップ馬+穴馬らしき馬を検証したいと思います。

スプリンターズステークス/2021 ピックアップ馬

レース間隔約半年からの直行は!?

馬名:ダノンスマッシュ(6歳・牡馬)
馬主:ダノックス
管理:安田(隆)師
父:ロードカナロア
母:スピニン不ワイルドキャット
母父:ハードスパン
鞍上予定:川田ジョッキー

昨年末の香港S(G1)で海外ながらようやく初G1勝利、そして遠征帰りで今年初戦の高松宮記念(G1)ではレシステンシアをクビ差差し切り念願の国内G1初勝利でG1・2勝目を挙げた。その勢いで、前走香港のチェアマンズスプリントプライズ(G1)では1番人気に推されるも、中団からの競馬で直線伸びずモレイラJを背に6着に敗れた。陣営の敗因としては『間隔が詰まってた』という事だが…今回は間隔を空けてはきたが今年の宮杯が3ヶ月半で快勝も、今回は5ヶ月の休み明けで直行…逆に半信半疑な私。昨年はあの化け物グランアレグリアに0.3秒差の2着で、馬場悪化にも対応できるし能力が上位ではある事は明らかだが、G1(海外含む)で人気を背負って3度も馬券圏外というのも気になる…あの時とは違う充実期かもしれないが、現時点では、半信半疑な部分もあり切るより予想の候補に残しておきたいと思う私です^^;

鞍上や実績は上位も、前走のクビ差は!?

馬名:レシステンシア(4歳・牝馬)
馬主:キャロットファーム
管理:松下師
父:ダイワメジャー
母:マラコスタムプラダ
母父:リザードアイランド
鞍上予定:ルメールジョッキー

2歳の阪神JF(G1)勝ち馬だ。また同世代の桜花賞とNHKマイル2着はあれど、その後古馬相手になってのマイル戦では…マイルCS8着にヴィクトリアマイル6着からもスプリント戦にシフトしたのは好転では?と思っている私。現に高松宮記念(G1)では逃げて結果を残してきた馬が、6番手の競馬からあのダノンスマッシュにクビ差の2着。更に前走セントウルS(G2)では2番手から直線ではピクシーナイトの猛追を凌いで、休み明けながらクビ差先着し重賞勝ちと結果は出している。が、やはり前走の“クビ差”が気になってならない…今回は叩かれた上積み、鞍上ルメールJ【1100】で相性も良く父ダイワメジャーというのも興味をそそられるのだが…この馬も道型の兼ね合い等も考慮し半信半疑感が強く、現時点では思い切って切る方向で考えている私です^^;

活躍目覚ましい3歳世代と距離適正で!?

馬名:ピクシーナイト(3歳・牝馬)
馬主:シルクレーシング
管理:音無師
父:モーリス
母:ピクシーホロウ
母父:キングヘイロー
鞍上予定:福永ジョッキー

マイルの牡馬相手のシンザン記念(G3)勝ち馬で負かした2、3着馬は後に重賞勝ち馬となったが、NHKマイルC(G1)で12着に敗れた後の復帰戦からスプリント路線で開花!?。2走前のCBC賞で1キロ軽量のファストフォースに1/2差の2着、前走セントウルS(G3)では3歳馬ながらG1勝ち馬レシステンシアと同斤量で、タイム差なしのクビ差2着は距離適正&力を証明した一戦。ただ賞金の絡みで使わざるを得なかった1戦をどう考えるか?だが、前走+8キロで挑めた事で本番でも力は発揮できそうな気はする。そして直線が短い中山で差し切れるか?、更に馬場悪化ならで重馬場だっったアーリントンC(G3)で4着に敗れたのを頭が過る。それでもこの3歳世代の活躍は目覚ましくで伸びしろ十分感じれる。現時点では天候によるも予想に入れる可能性が高い私です^^;

現時点で気になる穴馬と、無料のメルマガ予想登録フォーム

現時点の穴馬候補は「人気ブログランキング」へ
無料予想のメルマガ登録は「俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム」へ
※皆様、応援クリックや登録の方を良ければお願いします^^

折り合い難も実績十分で強心臓のジョッキー頼み!?

馬名:メイケイエール(3歳・牝馬)
馬主:名古屋競馬
管理:武(英)師
父:ミッキーアイル
母:シロインジャー
母父:ハービンジャー
鞍上予定:池添ジョッキー

デビューから折合いに少々難もあったが無傷の3連勝で小倉2歳SとファンタジーSの重賞2つを制した実力馬。その後阪神JFでは中盤以降の折り合いが厳しく4着まで…が、始まり。年明け初戦のチューリップ賞(G2)で同着ながら勝つには勝ったが、またもや強烈な折り合いに難があり。そして迎えた本番桜花賞では、返し馬にゲート、そしてレース中の折り合いと露骨に露呈しレースにならずの18着。今回も最大の鍵は折合いだが…前走キーンランドC(G3)では、重賞3勝の実績もあり陣営から前向きなコメントも出た影響か1番人気。しかしレース前の輪乗りの時点で危うい感じから再び露呈で7着。今回は叩かれた上積みは見込めるし、斤量53キロの恩恵もある。が、直ぐの直ぐ折り合い難が快勝されるとは思えない。個人的な希望の光は、強心臓で頼りになる鞍上池添Jは凄く魅力的。あのドリームジャーニーやオルフェーヴル等を乗りこなしたジョッキーなら!?…現時点では予想の候補に残したいと思う私です^^;

という事で、勝手ながら4頭+気になる穴馬をピックアップしてみましたが、週末の馬場状態で考えが変わる可能性もありますが、穴党として3連単10万馬券超えのは大波乱まで期待したいところ。安田記念やローズSに続き今年3本目の3連単10万馬券超えを狙うべく、週末までに良い予想ができればと思っています。

タイトルとURLをコピーしました