2021年 アルゼンチン共和国杯(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

来たら仕方ないで切ったフライライクバードが3着にきましたが、堅い決着でしたね…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 3 サトノソルタス 12着(5番人気)
3走前の新潟大賞典(G3)では、勝ち馬サンレイポケットや2着馬ポタジェにタイム差なしの3着。その1、2着馬が天皇賞・秋で4着、6着ならG2にクラスが下がりハンデ55キロなら出番がないか!?。共同通信杯(G3)と金鯱賞(G2)で共に2着の様に全2勝の左回りと継続騎乗の大野Jで一発を期待する。

◯ 1 レクセランス 4着(9番人気)
デビューから無傷の3連勝のすみれS(L)を制したが、当時2着は後のAJCC馬アリストテレス。ただ、以降牡馬3冠が11、15、16着に近2走のOPでも勝ち星は挙げれず。ただ、前走6着も【0004】の左回りながら最速の上がりタイを使った様にスムーズさを感じた。こにレースで好相性戸崎Jに乗り替わりに期待する。

▲ 8 アイスバブル 10着(12番人気)
過去には目黒記念(G2)で2着2回、そして3走前の函館記念で2着1回の実績馬。近走ではその函館記念でタフなレースもラストは見せ場たっぷりの豪快な最速の末脚で追い上げた。正直、テン乗りで鞍上三浦(皇)Jは不安満載だがこの舞台と重賞で好走のハンデ55キロなら馬券圏内で期待してみる。

△ 10 オーソリティ 1着(1番人気)
前走天皇賞・春のG1では10着とG1の壁に跳ね返された感じも、青葉賞等など東京の重賞戦に限れば【2110】と文句なしの戦績。骨折明けで6ヶ月の休養明けだが、鉄砲実績もあり57.5キロのトップハンデも、昨年ルメールJで覇者となったレースで、得意の左回り【2100】で好走を期待する。

× 15 アンティシペイト 8着(2番人気)
前走オホーツクS(3勝クラス)では、大外をまくって2着馬に1馬身差を付け最速の上がりタイで強い内容。その後約2ヶ月の放牧も調教の動きは文句なしで、前走からもスタミナは豊富。鞍上は横山(和)Jから好調の横山(武)Jに乗り替わり距離延長とハンデ55キロなら好勝負まで期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は直線馬場の真ん中からトップハンデも何のそのだった1番人気のオーソリティ、
2着は勝ち馬の後ろからグングン脚を伸ばした4番人気のマイネルウィルトス、
3着は内目から直線で脚を伸ばした3番人気のフライライクバードでした。

よもやの直線入り口でほぼ最後方からの位置取り…

我が本命の◎サトノソルタスですが結果着となりました。内枠3番でポジションが気になりましたが、スタートは危なげなく出れ外を見ながら周りを行かしての1角へ。その1角では後方番手の内で前を追走する形になりました。今回ブリンカー効果があるのか、道中は折り合いも付いてしっかり脚を溜めれてそう。隊列が縮まって3~4角で徐々にポジションを上げると思いきや、最後方に近い後方3番手から直線へ。その直線では脚を伸ばすも前が全く止まらずジエンドでした。

トップハンデも何のそのオーソリティ強し

予想的には、1着のオーソリティはトップハンデでもルメールJの手腕の素晴らしさを感じた強い競馬でした。2着は初の東京も勝ち馬の後ろで位置取り2着と脚を伸ばしたマイネルウィルトス、3着は内から脚を伸ばしたフライライクバードでした。いやはや3連単が5桁とは言え、10,930円で穴党の出番はなし。ハンデ重賞だけに波乱を期待していましたが、1、4、3番人気決着は無念…これも競馬ですね。ハズレはハズレで次週頑張ります。

さて、次週は土曜にデイリー杯2歳S(G3)と武蔵野S(G3)、そして日曜には福島記念(G3)とエリザベス女王杯(G1)が開催されます。大変申し訳ないのですがデイリー杯2歳Sは、7頭の出走予定との事で現時点ではケンを予定としておりますのでご了承下さいませ。京王杯2歳Sの様に10万超えを当てた様に、次週も好予想ができればと思います。

タイトルとURLをコピーしました