【POG】ロードカナロア産駒で母メジャーエンブレムの2019となるホーリーエンブレムの2歳情報

POGPOG

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

G1・2勝の母の2番仔で期待度も高い1頭です。父はロードカナロアで母メジャーエンブレムの2019となるホーリーエンブレムをご紹介したいと思います。

ホーリーエンブレムのプロフィール

馬名:ホーリーエンブレム(2歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:田村師
募集額:6,000万円
生産:ノーザンファーム
父:ロードカナロア
母:メジャーエンブレム
母父:ダイワメジャー
デビュー予定日:2021年11日20日(土) 東京 芝1600m
鞍上予定:ルメールジョッキー

先週は勝ち星なし…

父はロードカナロアとなり、先週の新馬戦ではバシールのみの出走でしたが11着。そして未勝利戦ではエンペザーが3着と馬券圏内も、ベストスマイルが11着にベヴィアーモが6着、更に同レースで3頭出しだったグラストンベリーが8着、メイショウイヌワシが9着にリースタルが12着と産駒として勝ち星を挙げる事ができませんでした。またこの世代でキングエルメスが京王杯2歳S(G2)で重賞勝ちも、無念の骨折で3ヶ月以上の休養との事。ただダノンスコーピオンが萩S(L)で無傷の2連勝中で、サウジアラビアRCで2着のステルナティーアもいます。この世代の層は中々と思え、暮れのG1までに駒が揃いそうな感じで楽しみです。

マイルG1・2勝の母

母はメジャーエンブレムでダイワメジャー産駒ですね。現役時は阪神JF&NHKマイルCのマイルG1・2勝にクイーンC(G3)を制しました。ただNHKマイルC後に競争能力喪失という事で奇しくも引退を余儀なくされ、通算7戦5勝で引退し繁殖へと上がりました。因みに同世代の桜花賞勝ちジュエラーも秋華賞後に骨折、オークス勝ちのシンハライトはオークスを勝ちからローズSで勝利後によもやの屈腱炎で引退と、3強とまで言われた3頭がことごとく引退が相次いだのを覚えてます。話しは戻り繁殖生活ですが初仔のプレミアエンブレム(父ルーラーシップ/牝馬)がデビューから6戦【2310】と1800~2000mで堅実な走りも、7戦目の紫苑Sで勝ち馬ファインルージュに一気に離され11着…個人的には2番仔に期待という感じです。

ロードカナロアを連続配合という事は…

そんな中、ロードカナロアを配合された2番仔のホーリーエンブレムが今週末デビューを迎えようとしています。預託先は母も初仔も管理の田村師で、デビュー戦は『骨瘤が出て予定が延びた』という事だが調教も順調との事から20日(土)の東京芝1600mを鞍上ルメールJを配しております。このコンビで母を超えるべく万全の態勢という感じでしょうね。また、姉がルーラーシップに対して2番仔はロードカナロアに替わりました。因みに2020も父はロードカナロアで無事誕生しており、2021もロードカナロアを配合と余程肌が合ったという事でしょうか。血統的に距離はマイルくらいがベストかな?。馬体がやや小柄で420~30キロ程度というのは気がかりも、今後の成長と父母でG1・9勝の血に初戦から好走を期待したいですね。どんな結果を出すか楽しみな私です。

タイトルとURLをコピーしました