2022年 中山記念(G2) 予想&結果 あっぷる

あっぷるの競馬予想結果あっぷるの競馬予想結果

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

怪しいと感じたダノンザキッドは飛んでくれましたが…2、4、3番人気決着…^^;
そんな私の予想は、

あっぷるが選んだ5頭BOX予想はコチラ

◎ 3 ガロアクリーク 4着(8番人気)
キンシャサノキセキながら1800mの同舞台スプリングS(G2)で重賞初勝利、更にG1皐月賞にG2のセントライト記念で共に3着と能力の高さを感じる。前走エプソムC12着から脚部不安の休み明けだが、調教の動きは一変。使って良くなるタイプも3着1回の鞍上田辺Jの手腕から、馬券圏内として期待する。

◯ 13 ワールドリバイバル 11着(13番人気)
スプリングSに皐月賞、更にセントライト記念の3戦で逃げて3敗の中山コース…だが、3走前のラジオNIKKEI賞(G3)で先頭を譲って2番手からの2着。当時福島コースの事だが右回りの1800mは今回と一緒。このメンバーなら先行策になるだろうが、一発を期待する。

▲ 7 ウインイクシード 5着(6番人気)
前走大外枠から中団の競馬から切れる脚がなく6着。ただ勝ち馬レッドガランには0.5秒差も、2着スカーフェイス以下には僅か0.1秒差。8歳馬だが調教は動けており、昨年3着のリベンジで今年は真ん中よりやや内枠。得意の中山【2435】で馬券圏内を期待する。

△ 5 パンサラッサ 1着(2番人気)
3走前は気分よくラップを刻み逃げ切り勝ち、2走前の福島記念(G3)ではハイペースで重賞初制覇の連続逃げ切り勝ち。前走有馬記念は…レベル的に度外視として、コーナー4つの中山で開幕週はプラス材料。1戦1勝でも鞍上吉田(豊)Jは気がかりもマイペースなら好走を期待する。

× 12 アドマイヤハダル 3着(3番人気)
強力世代の皐月賞4着馬。勝ち馬はともかく、2着タイトルホルダーに3着ステラヴェローチェに僅か0.1秒差で同タイム5着のヨーホーレイクは後に日経新春杯(G2)勝ち。2走前は休み明け5着に叩かれ前走2着も好タイム、調教抜群の動きでそろそろこの馬の出番がきても…期待する。

3連単5頭BOX60点の勝負でしたが『俺の当たる競馬予想』の結果は上記でハズレました。

上位レース結果

1着は大逃げからまんまと逃げ切った2番人気のパンサラッサ、
2着は直線馬場の真ん中から追い込んだ4番人気のカラテ、
3着は勝ち馬を追いかけ早めに抜け出した3番人気のアドマイヤハダルでした。

直線で末脚を魅せるも…

我が本命の◎ガロアクリークですが結果4着となりました。+12キロの馬体重でしたが内枠3番からのスタートで、危なげなく出れやや控える感じで1角へ。その1角では後方4番手の内にポジションを取りました。道中は折り合いも付き前との差があり縦長の展開。4角で徐々に前との差を詰め直線へ。その直線では、大外後方から魅力な脚を伸ばすもさすがに前に届かず。さすがに後ろ過ぎた感じでしたね…悔しい。

堅い決着で穴党の出番はなし…

予想的に、1着のパンサラッサはあのラップで大逃げをかますのが本当に合ってるのだと改めて実感しました。2着のカラテは1800m【0005】と人気もあり切ったが今ならこなせるという感じで良い末脚でした。3着のアドマイヤハダルは直線で早々に2番手で追いこむも踏ん張りきれずという感じでしたね。3連単が15,510円ですか…2、4、3番人気決着では穴党は手も足も出ません。うーん、カラテがいなければ1~4着独占も所詮“タラレバ”でハズレはハズレ。悔しいがせめて波乱が起きて欲しいと改めて思う私でした。

次週は土曜に桜花賞TRのチューリップ賞とオーシャンSが、日曜には皐月賞TRの弥生賞ディープインパクト記念が開催されます。今年はクラシックでどんなドラマが待ってるか楽しみではありますが、好メンバーが揃った弥生賞。楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました