【ホープフルステークス(G1) 2022】ガストリックVSミッキーカプチーノ!?、そして穴馬は!?

G1レースG1レース

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

明日28日(水)には、中山競馬場で2歳中距離王者を決めるホープフルステークス(G1)が開催されます。朝日杯FS(G1)でもそれなりのメンバーが揃いましたが、やはりクラシックへの距離適正を知る上ではこのレースはうってつけ。また福永ジョッキーの中央G1ラスト騎乗でどんな結果を出すかも気になるところ。波乱を期待しつつ、それでは現時点での上位人気になりそうな馬や穴馬らしき馬を検証してみたいと思います。

ホープフルステークス(G1)/2022 ピックアップ馬

三浦(皇)ジョッキー、G1勝ちのチャンス到来!?

馬名:ガストリック(2歳・牡馬)
馬主:前田幸治氏
管理:上原師
落札額:1,600万円(北海道セレクションセール2021)
生産:栄進牧場
父:ジャスタウェイ
母:エーシンエポナ
母父:カーリン
鞍上:三浦(皇)ジョッキー

前走東京スポーツ2歳S(G2)で中団から直線末脚を伸ばし、評判馬で当時2着のダノンザタイガーに3着のハーツコンチェルト、そして4着ドゥラエレーデに5着フェイトまでもを押さえデビュー2連勝で重賞初制覇。更に昨日新馬戦で2着に破ったダニーデンが未勝利戦を2着に2馬身1/2差突き放して勝利も見逃せない。また、ジャスタウェイ産駒は過去2頭出走し、ダノンザキッドの勝利にアドマイヤジャスタの2着と連対率100%と好相性。正に今回G1奪取へ絶好のチャンス到来!?と思っている反面、個人的に気になるのが未だG1勝ちのない鞍上の三浦(皇)ジョッキーという点。2020年にはこのレースで1番人気となるも、ランドオブリバティで逸走し競争中止。また、前走勝ちはしたがやや出負けも気になり、初めての右回り中山コースと色々と不安なところもチラホラ。穴党として配当妙味から考慮すると、現時点では思い切って“来たら仕方ない”で切る事も視野に入れてる私です。

兄弟ダート主も、エピファネイアの血で…

馬名:ミッキーカプチーノ(2歳・牡馬)
馬主:野田みづき
管理:矢作師
落札額:3,600万円(セレクトセール2020)
生産:千代田牧場
父:エピファネイア
母:スティールパス
母父:ネオユニヴァース
鞍上予定:戸崎ジョッキー

新馬戦が3番手から上がり最速で、2着とクビ差もノーステッキで勝利。当時2着フリームファクシは次走未勝利を2馬身1/2差を付け勝ち上がり、更に3着グリューネグリーンは即未勝利勝ちから京都2歳S(G3)勝ち。一応4着馬も次走未勝利を即勝ち上がりと、相手関係も骨っぽいのが揃っていた。そして前走葉牡丹賞の1勝クラスとは言え、2着に3馬身1/2差を付ける圧勝でデビュー2連勝中。母や兄弟はダートでほぼ結果を出してる中、父エピファネイアの血か同馬は芝での能力を遺憾なく発揮している。調教の動きも良く心肺機能も強く弱点が見つけ辛く感じて、現時点では予想に入れる可能性が高い私です。

母系はクロノジェネシスやノームコアのG1馬も

馬名:セブンマジシャン(2歳・牡馬) 
馬主:前迫義幸氏
管理:高野師
生産:ノーザンファーム
父:ジャスタウェイ
母:ハピネスダンサーシュ
母父:メイショウサムソン
鞍上:C・デムーロジョッキー

前走、重馬場の黄菊賞(1勝クラス)でスタート直後に挟まれ後方からの競馬を余儀なくされたが、3Fから減速されないラップに次位を0.7秒も上回る34.7秒の末脚を使いデビュー2連勝。まだ底を魅せておらず、祖母クロノロジストからG1・2勝のノームコアやG1・4勝のクロノジェネシスがいる母系。更に鞍上もC・デムーロジョッキーの継続騎乗はかなり魅力だが…2戦で1頭能力が突出しているのか?それとも…いかんせん今までの相手関係だけを見ると微妙と思えてしまう。ガストリックの際に伝えた好相性のジャスタウェイ産駒もあるが今回は更に相手関係がグッと上がる部分も加味すると…現時点では配当妙味がなさそうな印象からも、予想から外す方向で考えてる私です。

現時点で気になる穴馬と、無料のメルマガ予想登録フォーム

現時点の穴馬候補:「人気ブログランキング」へ
無料予想のメルマガ登録:「俺の当たる競馬予想メルマガ登録フォーム」へ
重賞のメインレースのみの予想ですが、よければ登録の方をお願いします!

鞍上ムルザバエフジョッキーの手腕で一発か!?

馬名:ドゥラエレーデ(2歳・牡馬)
馬主:スリーエイチレーシング
管理:池添師
落札額:1億円(セレクトセール2021)
生産:ノーザンファーム
父:ドゥラメンテ
母:マルケッサ
母父:オルフェーヴル
鞍上:ムルザバエフジョッキー

期待された新馬戦で5着から未勝利戦も2着で、ダートに矛先を向け未勝利を脱出。そして前走東スポ2歳S(G2)では、ムーアJを背に2番手からの競馬で着順は4着も勝ち馬とは0.2秒差と踏ん張る競馬。実績だけを見ると…という感じだが、鞍上は先週の阪神C(G2)で人気薄のラウダシオンを3着に導いたムルザバエフジョッキーは魅力。また折り合いさえ付けば中山でこの先行力は武器にもなりそうで、現時点では予想の候補に残そうと思っている私です。

という事で、勝手ながら有力馬3頭+現時点での穴馬+気になる馬を検証してみました。その他にもハーツコンチェルトにファントムシーフ、フェイトにグリューネグリーンにトップナイフ等など馬券に絡みそうな馬もいます。ただ、未知の2歳戦だけにまだ見えない力を発揮する馬を予想までに見つけられればと思っています。もちろん人気馬を切り波乱を期待していますが、来年のクラシックへ向けどの馬が勝つのか非常に気になるレースです。

タイトルとURLをコピーしました