2016年 フェアリーステークス 予想結果

どうも、あっぷるです。

うーん、ダイワ2頭が馬券圏内に入るとは…それに横山(典)Jって2番人気の馬を
15着まで沈めるなんて…ホント私の苦手なJです。。。
それでは、俺の当たる競馬予想結果です。

◎ラブリーアモン 6着(8番人気)

○レッドシルヴィ 10着(9番人気)

▲コパノマリーン 5着(6番人気)

△アルジャンテ 8着(5番人気)

×シーブリーズラブ 15着(2番人気)

俺の当たる競馬予想結果は上記でハズレました。

1着はまんまと逃げきった3番人気のビービーバーレル、
2着は真ん中から伸びた10番人気ダイワドレッサー、
3着は内から粘り伸びした7番人気のダイワダッチェスでした。

我が本命のラブリーアモンですが結果6着でした。
スタート後は後方2番手でレースを進めて4コーナーで捲り気味に
直線を向いた感じでいざ直線!と思って伸びてはきましたが時既に遅し・・・でした。

馬券的にも予想した馬がコパノマリーンの掲示板がやっとという切ない結果でしたが、
前々で決まるとは思わず馬券圏内に大城氏所有のダイワが2頭と完敗のレースでした。
配当が意外に8万弱とはやはり人気がかなり割れてたんですね。

年明けから京都金杯→ニューイヤーステークスと、
3連単を当ててる流れで来週もまた頑張りたいと思います。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

今週のオススメ当たる競馬予想サイト
今週の重賞について

これは元関係者の情報だとか
1年に1回レベルの再現性のない予想法だとか、
そんなチャチなもんじゃありません。

あなたがこれからずっと競馬で稼げる、
的中人間になるための方法をお伝えします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 競馬ファンの97%は負け組!!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

きっとあなたは今、満足のいく程、
競馬に勝てていないですよね。

私が、なぜこんなことがわかるのかというと、
世の中の競馬ユーザー97%は負け組だからです。
これは10年前から変わらない事実。

あなたの三連単の的中率は何%ぐらいですか?
プロが10%前後なので、、、、
あなたは調子が良くて5%ぐらいですかね。

収支はどうですか・・・?
考えるまでもなく、マイナスじゃないですか?

あなたは、

  人人_人_人_人_人_人人 

  このままでいいんですか?

  ∨ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄∨

いいわけないですよね。

このままではいけないと思ったあなたに、
シンプルでパワフルな解決策があります。
それはこの競馬データを使う事。
※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    あなたの的中率を
 プロ予想家の3倍にする競馬データ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この競馬データを使えば、
あなたの5%だった的中率は7倍以上になります。

具体的には、、、、

  三連単の的中率は驚異の37%
  ─────────────

的中率37%とは三連単が3回に1回当たるということ。
       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、プロの3倍以上の的中率ということです。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この的中率、単勝じゃありませんよ。
もう一度言いますが、“三連単”の的中率です。

嘘だと疑っていますよね?
私もあなたの立場なら疑っているでしょう。

でも、実際に競馬歴5カ月の初心者がこのデータを使って、
月間収支+42万円を達成した事実があるんです。

あなたも「的中人間」になって、
三連単を飽きるほど的中させたいと思いませんか?

\この競馬データならあなたの夢を実現できます/
※無料公開中※

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここまで読んでくれたあなたに
 この競馬データを○○で公開。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここまで読んでくれてありがとうございます。

少しはこの競馬データの凄さが伝わったと思いますが、
結局は使わないとわからないっていうのが本音ですよね。

だから、この競馬データを無料で開放します。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

下のURLをクリックして、
簡単30秒の無料登録で今週末から使うことができます。

※無料公開中※

これは無料で「的中人間」に変わるチャンス。

もちろん、使うかどうかはあなた次第です。

稼ぎたいと思うなら、無料開放中の今のうちに試してください。

無料予想でこれが当たる実力です

»そんな無料予想はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする