2016年 エルムステークス【あてたろう】予想とレース回顧

今日のあてたろう予想![其の弐]

7枠8枠に「極力、前めに行きたい」のが揃った。
その中でもハナを切りたいのはショウナンアポロンかモンドクラッセ。
こういう時の皇成はカッとなってガリガリやる傾向がある(個人の見解)
厳しい展開が目に見え、その点は気がかりだ。

そんなオレの予想は…。

◎[3番]ジェベルムーサ
好不調が分かりやすいらしく、デキがイマイチの時は稽古でモタつく。
このバロメーターから、今週の稽古では併せ馬をアッサリ突き放した。
休み明けでも文句なしのA評価だ。
手綱を取った岩田も「勝った昨年よりもエエで」と太鼓判。
その岩田は過去10年のエルムSで(4.1.0.1)
自身、今年初の重賞勝ちだ!

○[5番]ロワジャルダン
今年のフェブラリーSでは勝ち馬と0秒3差の5着。
その後の2戦はイマイチの結果だが使い詰めが影響したのだろう。
今回は3ヶ月休養で立て直し、ポン駆け実績(1.1.0.1)も問題なし。
鞍上は香港の「マジックマン」モレイラ。
昨夏の来日では1週間で(7.4.1.8)と驚異的な成績を残した。
彼なら陣営の期待にもキッチリ応える!

▲[12番]クリノスターオー
栗東でしっかり稽古を積んで函館入り。
調整方法を変えてきたらしいが、今週の追い切りでは2歳馬に遅れ(汗)
で、ゴール板を通過してから走る気を出したらしい(笑)
一昨年は2着、昨年は4着と着順は落としたが堅実に走ってくる。
実績は上位、今年は3度目の正直だ!

注[9番]ブライトライン
1年の長期休養から復活したのが今年の3月。
3戦連続で58kgを背負い、3着→3着→1着。
前走のG3プロキオンSは2kg減の56kgで出走もノボバカラに0秒4差の4着。
短期放牧帰りで「馬自身がかなりヤル気にになってた」らしいが、やや空回ったか。
そもそもポン駆けが苦手だった馬が1年休養明けの4戦でオール掲示板。
変身はある!

△[11番]モンドクラッセ
前走の大沼ステークスはレコード勝ち。
枠と馬場も脚質的に味方したのは大きい。
その後は短期放牧で再度函館入り。
今週の追い切りも予定通りで感触はいい。
ナゼか同馬は皇成と相性が良く、騎乗実績(5.0.0.1)
そろそろ重賞に手が届いていい!

【3連単2頭軸ながし】24点
[3番][5番]→[3番][5番][9番][11番][12番]→[3番][5番][9番][11番][12番]

結果は…。
2着 ▲[12番]クリノスターオー
3着 △[11番]モンドクラッセ
4着 ○[5番]ロワジャルダン
6着 注[9番]ブライトライン
7着 ◎[3番]ジェベルムーサ

皇成の落馬負傷は予想できるわけもなく。
乗り替わった柴山なら、もっと重い印を打ったかも。

ま、どっちにせよアタマがヌケてるからなぁ。
1頭だけ脚色が違ったわ。

しかし、ジェベルムーサは伸びなさ過ぎだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました