【ヴィクトリアマイル(2018)】デアレガーロ、メイズオブオナー、レッドアヴァンセ、デンコウアンジュは!?

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

今週末は東京競馬場でヴィクトリアマイル(G1)が開催されますね。
取り敢えずは有力馬は紹介しましたが更に今回も有力馬になる馬も
ピックアップしたので検証したいと思います。

先ずは、

馬名:デアレガーロ(4歳・牝馬)
馬主:サンデーレーシング
管理:大竹師
父:マンハッタンカフェ
母:スーヴェニアギフト
母父:スーヴァニアコピー
鞍上:池添ジョッキー

輸前走の京都牝馬Sでは最速の上りでミスパンテールに0.1秒差の2着。
斤量が1キロ軽かったとはいえ、2走前に4着に破ったヒーズインラブが
その後牡馬混合戦のダービー卿CTを快勝と侮れない存在では!?
そしてカワキタエンカではなくこちらに騎乗の池添Jは、
勝てば4人目の牝馬限定G1完全制覇となるなら一発を狙いますよね。
現時点で予想の候補には入れる予定です^^;

続くは、

馬名:メイズオブオナー(4歳・牝馬)
馬主:ロードホースクラブ
管理:藤原師
父:ハーツクライ
母:キャサリンオブアラゴン
母父:ホーリーローマンエンペラー
鞍上:福永ジョッキー

1600万下を勝った身ながらこのG1へ挑戦してきた同馬。
実績的には重賞勝ちもなく他馬に見劣る面が多々あるが、
血統的魅力と絶好調藤原師が送り込むだけあって気になる…
父がハーツクライ産駒らしく3歳夏頃から結果を出し、
母系も活躍馬がいる血統で瞬発力も十分。
テン乗りだが鞍上福永Jも好感触らしく
現段階では最終予想の候補として一応残しておきます^^;

そして、

馬名:レッドアヴァンセ(5歳・牝馬)
馬主:東京ホースレーシング
管理:音無師
父:ディープインパクト
母:エリモピクシー
母父:ダンシングブレーヴ
鞍上:北村(友)ジョッキー

NHKマイルCのレッドヴェイロンも結果を出したが、
血統的に東京コースは断然向くと思ってる私。
過去【1001】だが着外はオークスで落鉄と爪不安があった。
今はその不安も解消し昨年からの好走はそこも大きな要因。
3走前にはミスパンテールを相手に0.3秒差の5着、
前走は勝ち馬ミスパンテールにアタマで差のない2着だが、
リスグラシューやアドマイヤリード、ソウルスターリング等々を
相手にあわや勝利という激走を魅せただけに侮れない。
鞍上北村(友)Jはやや不安も現時点で予想の候補には残しておきたい^^;

最後に、

馬名:デンコウアンジュ(5歳・牝馬)
馬主:田中康弘氏
管理:荒川師
父:メイショウサムソン
母:デンコウラッキー
母父:マリエンバード
鞍上:蛯名ジョッキー

昨年の2着馬が今年も同ローテーションで挑んできた。
11番人気の低評価から最速の上りで2着まで押し上げた得意舞台。
ただ、この馬の難しいところは取り捨て。
いつどこで走るかが読めないというのが…
2歳時にアルテミスSであのメジャーエンブレムを破っており、
力があるのだろうが勝ち切れなくとも
馬券圏内としては穴党の私には魅力的にうつる。
蛯名Jもこの馬に騎乗してこれで10戦目。
節目としてそろそろ結果を!?
現時点で予想の候補から外す方向で考えてます^^;

さて、今回も勝手ながらピックアップした4頭ですが、
この辺が絡んでくれば配当もグンと上がりますね。
相変わらず予想は非常に悩みますが、本番が楽しみです!

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする