JRA最多タイ記録でG1・7勝したテイエムオペラーが22歳で亡くなる…

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

いやぁ、朝から残念なお知らせですが…
オペラハウス産駒でJRA最多タイのG1・7勝をした
あのテイエムオペラーが22歳で19日、亡くなった様ですね…

馬名:〇市テイエムオペラー(22歳・牡馬)
戦績:26戦14勝
馬主:竹園正繼氏
落札額:1000万円
父:オペラハウス
母:ワンスウエド
母父:ブラッシンググルーム
G1勝利:皐月賞(1999年)、天皇賞・春、宝塚記念、天皇賞・秋、
:ジャパンカップ、有馬記念(2000年)、天皇賞・春(2001年)
主戦:和田ジョッキー

テイエムオペラーと言えば僅か1000万円で落札されましたが、
結果的に18億円以上稼いだウルトラ孝行馬です。
そしてクラシックでのナリタトップロードとの対決は見物でしたね!

≪ 1999年 ≫
皐月賞:1着テイエムオペラー=3着ナリタトップロード
日本ダービー:3着テイエムオペラー=2着ナリタトップロード
菊花賞:1着ナリタトップロード=2着テイエムオペラー

と、皐月賞では追加登録料200万円を払って参戦から
勝利した初の馬でもありましたし、
2勝1敗とナリタトップロードとの対決を制しました。
レース前はホントどっちが強いか甲乙つけ難かったし、
常にライバルとして意識されてましたね。

また、ジョッキーも和田J対渡辺(薫)Jと
若手でもチャンスをもらえた時代。
武(豊)Jに河内J、藤田(伸)Jや岡部Jに蛯名J、後藤J、
福永J等々がいた中での事ですから今思えば競馬としても面白かった。

古馬になってからメイショウドトウとの対決は、
忘れもしない本当に本当に穴党泣かせでしたwww
その理由が、

≪ 2000年 ≫
宝塚記念:1着テイエムオペラー、2着メイショウドトウ
天皇賞(秋):1着テイエムオペラー、2着メイショウドトウ
ジャパンカップ:1着テイエムオペラー、2着メイショウドトウ
有馬記念:1着テイエムオペラー、2着メイショウドトウ

≪ 2001年 ≫
天皇賞(春):1着テイエムオペラー、2着メイショウドトウ
宝塚記念:1着メイショウドトウ、2着テイエムオペラー、

G1対決で計6回両馬1、2番人気で決着が決まるのですから
配当も上がる訳がありませんwww
因みにテイエムオペラーが5勝でメイショウドトウは1勝でしたね。
どんな穴馬を予想しても当たらない本当に苦い時代でした。

今でも思いますが本当に強かった…
驚異の重賞8連勝中に古馬王道路線で初のG1・3勝を飾った馬。
引退から遡って15連続1番人気に支持され、
特にG1では際どいレースもズバ抜けた勝負根性で勝ち切り
ぐうの音も出ない強いテイエムオペラーでした。

引退後は種牡馬になり現役での種牡馬生活でしたが、
残念ながら代表産駒がいない…というのは本当に残念。
活躍したメイショウサムソンもそうですが、
オペラハウス産駒はどうも結果が出ないですね><

2005年に9歳で早く亡くなったナリタトップロードでしたが、
天国で会えてるかもしれませんね。
名馬がいなくなるのは本当に寂しいですが。。。

はい、ご冥福を心よりお祈りいたします。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする