【POG】ノヴェリスト産駒で母ダイワスカーレットの2017となるダイワクンナナの2歳情報

どうも、俺の当たる競馬予想のあっぷるです。

母はあのウオッカのライバルでG1・3勝をしたダイワスカーレットだけにそろそろ…。父はノヴェリストで母ダイワスカーレット2017となるダイワクンナナをを紹介したいと思います。

馬名:ダイワクンナナ(2歳・牝馬)
馬主:大城敬三氏
管理:国枝師
父:ノヴェリスト
母:ダイワスカーレット
母父:アグネスタキオン
デビュー予定日:未定
鞍上予定:未定

父はノヴェリストと、2016産のラストドラフトが京成杯を制し産駒重賞初制覇となりました。が、その他に活躍馬がでてないのが現状ですね。その父ノヴェリストと配合されたのが、秋華賞、エリザベス女王杯、有馬記念のG1を3勝し、強力ライバルだったウオッカをも苦しめた名牝ダイワスカーレット。その母ダイワスカーレットは通算12戦8勝で引退後は繁殖牝馬となりましたが…6頭の中央デビューでチチカステナンゴ、キングカメハメハやハービンジャー等を配合するも、重賞挑戦すらままならず、いかんせん仔が活躍しない状況。。。また、不思議な事に今回の2017ダイワクンナナとダイワスカーレット2018(父エイシンフラッシュ)、全馬が“牝馬”という状況…牡馬が1頭くらいでてきても良いのですがホントこれは不思議。

その2017となるダイワクンナナも牝馬ではありますが、2015のダイワメモリーに続きノヴェリスト産駒。またそのダイワメモリーが500万下→1000万下を連勝中と勢いがあり次走も楽しみなところ。という事は…ダイワスカーレットの仔に重賞勝利という二文字が見えてくるかも!?

預託先はこれで4頭目になるかな?国枝師でゲート試験も先日合格した模様。国枝師もそろそろこの馬で活躍馬を出したいところでしょうし、個人的にも走って欲しい血統。デビューはもう少し先の様だが、デビュー戦が気になります。

人気ブログランキング

ブログランキングで推奨穴馬を発表したりしています


中央競馬 ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする